LGBT支援検討会合・・・東京新聞より


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ



昨日、夫が東京新聞で見つけた記事を私に教えてくれました。

 

なかなか、興味深い記事だったので、

 

 

ご紹介させていただきます。(2019年5月6日(月)東京新聞より 原文まま)

茨城県医師会副会長発言・「多数派に戻る治療ないのか」 

同性愛者ら性的少数者(LGBT)などへの支援策を検討する茨城県主催の会合で、県医師会の満川元一副会長が「性的マイノリティー(少数派)の人に、マジョリティー(多数派)に戻ってもらう治療はないのか」発言した。

性的少数者の当事者らは「ショックだ」と不快感を示している(鈴木学)

会合は、性的少数者のカップルを公認する「パートナーシップ制度」を含め県ができる支援策を検討する目的で、当事者や医師、弁護士など計十人の委員が六月まで四回開く予定。発言は四月二十五日の初回で、委員それぞれが考え方を述べていた際にあった。

満川副会長は「性的マイノリティーの人に、性的マジョリティーに戻ってもらう治療はないのかという思いはある」と発言し、「少子高齢化の時代、産婦人科医としては一人でも多くの子どもをつくっていただきたい。戻っていただけないのかと医者としての思いがある」とした。

この発言に、当事者で、テレビ会議で出席していたNPO法人東京レインボープライド共同代表理事の杉山文野さんは、

「ショックだった。多数派が正しく、少数派は間違っているから直すべきだという考え」と指摘。「正しい知識を学んでもらえば『戻る』という言葉自体が出てこない。悪気はないのでしょうが、この考え方が差別的と感じる」と指摘する。

満川副会長は本誌の取材に「治療は医師として普通に使う言葉だが、あの場では使わない方が良かった。社会の風潮は知っているが、それを当たり前と受け止めるのは医師として引っかかる。戻ることは不可能なのか、そのまま男女の成長をしてもらうカウンセリングはいけないのか」と話す。一方で「私は専門家ではない。無防備な言動もあり得るが、文献や他の意見を参考に考えを整理する」とも釈明した。世界保健機構(WHO)は一九九〇年に「国際疾病分類」から

同性愛の項目を削除。「治療対象にはならない」とし、厚生労働省もこの見解を採用している。性同一性障害についても、WHOが昨年公表した同分類の最新版で精神疾患から外した。

法務省は「性的指向や性自認を理由とする偏見や差別をなくし、理解を深めることが必要」

として啓発活動を続けている。

お読みいただいた皆さま、いかがでしたでしょうか?

私は、へーー、知らなかった!!そうなんだ!!というのが、一つ。

世界保健機構(WHO)は一九九〇年に「国際疾病分類」から

同性愛の項目を削除。「治療対象にはならない」とし、厚生労働省もこの見解を採用している。

 

あと、記事を読んで、

だいぶ以前に、佐藤康行がある講座で話していた、

『来た、来た、来た、神の仕組みが来た!!』という言葉を思い出しました。

なぜかというと、

記事の中の、満川副会長が仰った、

「治療は医師として普通に使う言葉だが、あの場では使わない方が良かった。社会の風潮は知っているが、それを当たり前と受け止めるのは医師として引っかかる。戻ることは不可能なのか、そのまま男女の成長をしてもらうカウンセリングはいけないのか」と、

いう取材内容を読んで、全く、佐藤康行とは、面識の無い方も、

本能的に佐藤康行のやっていることに関心があり、求めているのだと思いました。

少数派、少数派、と、言われる昨今。

性自認したいけど、やり方が分からない、どうしたらいいのか分からない。

そうかと言って、

自分の悩みを公言したくないという方。

元に戻る方法があったらそうしたいという方も、

少数派なのではないかと、そのように感じました。

 

佐藤康行は、ある意味では、声なき声を、

 

それこそ、誰も、請け負ってくれない事を、

 

請け負って下さいます。

 

 

この記事を読んで、佐藤康行は産婦人科医の、

救世主にもなるかもしれないと勝手に思いました。

 

元に戻りたいという発言も、

 

満川副会長のように、元の性に戻る方法は無いのか?という発言も、

 

当り前に議論される日が、もう間もなく、

とっても、近い将来、やって来る、

そのように思いました!!

 

今日は、ここまで。







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ