LGBTの記事が一杯


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日、真我の受講生の方から、

『吉田さん、こんな記事を見つけましたよ♪』と、

メッセージを頂きました。

私が、ブログを書いていて、よくブログ上で、

LGBTの記事を載せているので、

そういう記事に関連した記事があったということで、

教えてくれました😃

 

せっかくなので、今日はその記事をご紹介します。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970191000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

「SOGIハラ」性的マイノリティーの人たちが体験語る

性的マイノリティーの人たちが職場などで受ける差別的な発言や嫌がらせを、「SOGIハラ」と呼び、その実態を広く知ってもらおうというイベントが、東京で開かれました。

会場には、性的マイノリティーの当事者や企業の関係者などおよそ100人が集まりました。

「SOGIハラ」とは、好きになる人の性別、Sexual・Orientationと、自分の性別の認識、Gender・Identityの頭文字をとったSOGIという言葉とハラスメントを組み合わせた造語で、性的マイノリティーの人たちが受ける差別的な発言や嫌がらせを示しています。

3日のパネルディスカッションでは、女性として生まれ、今は心の性に従って男性として生活している、藥師実芳さんが「就職活動の時、性同一性障害だと言うと、『帰ってください』と言われたり、『体はどうなっているのか、子どもは産めるのか』と聞かれたりした」などとみずからの体験を語りました。

また、参加者からも「心が女性であることを隠して男性として入社した。同じ部署の人にだけと思いカミングアウトしたら、関係のない人にまで話が広まり嫌な思いをした」といった発言がありました。

イベントの実行委員会の松中権さんは、「SOGIハラは、加害者は無意識にやっていることが多く、被害者がカミングアウトしていない場合もあり見えにくい。『セクハラ』のように、してはいけないこととして、広く知られるようになってほしい」と話しています。

 

支援団体がチラシ作成

「SOGIハラ」については、ことし3月、LGBT=性的マイノリティーの当事者や支援者で作る団体が実例を示したチラシを作りイベントなどで配布を始めています。

そこでは、「ホモやレズは気持ち悪い」など差別的な発言をすることや、性的マイノリティ-であることで職場で不当な異動を強要されること、さらに性的マイノリティ-であることを本人の許可なく周囲に広める「アウティング」と呼ばれる行為などがSOGIハラにあたるとしています。

この団体ではSOGIハラの体験をウェブサイトを開設して集め、国や企業に提示して対応策を求めていくことにしています。

企業にも動き

企業の中でも、企業理念や研修などを通じて、SOGIハラをなくしていこうという動きが出てきています。

その中では、社員の性的指向によって差別をしないことを、企業理念の中に明記していたり、差別を防ぐための研修を実施する企業も出てきています。

また、社内にLGBTの当事者や支援者によるコミュニティーを作って、相談をしやすい環境作りに努めている企業もあります。

一方、人事院もことし1月から国家公務員の就業規則で、好きな性別に関わる偏見からの発言などを、排除の対象とし、違反した場合は処分の対象としています。

記事元は、NHKのWebニュースで、5月4日付けの4時50の記事でした。

記事を教えてくれた、受講生の方とは、

『この手のニュースを見ると、

学長のやっていることがとてつもないことだと、

いうのが分かりますね♪』と、言って盛り上がったら、

賛同してくれました😃

 

同じく、昨日付けの日本経済新聞にも、

LGBTの記事が記載されていました。

最近は本当によく見るようになりました。

ここの記事にもありますが、企業の中での取り組みもされているようですね。

まぁ、障害だ、生まれつきだ、治らないという前提からくる、

取り組みなのでしょうが……。

 

でも、元に戻りますからね。

もちろん、外科的な手術は一切しないで。

この手の記事を読んでいて、

最近、思い出したことが一つありました。

佐藤康行があるフォロー講座で話ていたことです。

第二創造は第一創造には影響を与えない』と、いうことです。

ゲイだレズだ性同一性障害だと言うのは、

第二創造の話です。

産まれ持った身体には、何ら影響は与えない。

これは紛れもない真理で真実なのです。

 

昨今、LGBTの関連の記事がここまで、

メディアに露出しているのなら、

そろそろ、『元に戻る』ということも、

同じくらいの頻度で、

取り上げられる日が近いのだと、

勝手に思っています😃

 

元に戻るということが、

一般的になったら、

周囲の取り組みも変わるのだと思います。

 

差別という次元のお話ではなく、

 

根本的にどうして、

 

そのような認識を持って生まれてしまっているのか?

 

そういうことを、もっと、もっと、当事者以外の方が、

 

研究する人が増えると良いなと思いました。

 

性転換手術の医療としての技術を上げるのも良いですが、

 

こちらの方がよっぽど、

人類にとっては、

大事なことではないのか?

と、思いました。

 

 

今日は、ここまで。

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ