東京滞在への決断


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

 2010年3月12日、第12回目の研究会でした。平日だったため、一人で東京へ出向きました。

冒頭は、いつもの変化の話でした。先月の研究会の後、その晩は、都内のホテルに二人で泊まり普通に夫が私を求めたことを報告しました。

すると、佐藤康行は、

(佐藤)それは、普通の男性とまったく変わらないということ?そしたら、このまんまいけば、子供は出来そう?

と、いきなり、急所の質問をしました。

私は、とっさの質問に、思わず兼ねてから気がかりなことを答えていました。

(私)ええ、まぁ、その、最後までいければ……。

(佐藤)えっ、何、最後まで出来ないの?

(私)あ、はい……。

そして、前回、3月2日の研究会へ、行かない選択をした後の自分の変化の話をさせていただきました。

 お役立てしたいなどと、言いながら、本当は自分が一番助けて欲しいといことに気付いたこと。2人で1か月間、東京に滞在することを決めたこと。

そして、夫の変化として、当初、東京滞在に難色を示していた夫も、自分の父へ東京滞在の報告をしたこと。報告の当初は、仕事はどうするのか?

という心配をした父が、その後、まさしく、本音として、『直系の孫が見たいという話が出た』こと。

結婚する前からそういう父の思いは直接、私自身も、聞かされていたこと等々を報告しました。

すると佐藤康行は、先ず、孫が見たいという父の言葉について、私へ質問しました。

 (佐藤)でも、お父さんは、彼がゲイだってこと、知っているんですよね?知っているのに、孫が欲しいって言うの?

そう、聞かれた当時の私は、確かにそうかも、しれないけど、ゲイだっていう息子がそれでも結婚した。

孫が見たいというのはそんなに驚く話でもないのに……。と、さえ思っていました。

当時から、佐藤康行は、『夫の父ゲイと知っている、母は知らない』という中で

『もしかしたら息子より年上ではなく、若い女性だったら良かったのではないのか?と、思うかもしれないでしょう?』

そういう思いを抱かせる可能性を含めながら、私たちへ、色々な助言をしていてくれていました。

夫の父へ『ゲイ』と告げていたとしても、それが、どの程度のものなのか、子供が望めるのか?そうでないのか?ということの詳細を話していたわけではありませんでした。

結果的に、その年には、3月に10日間程、11月にも、約10日程、二人で東京に滞在しました。

決して、当初の目的通りのことをすべて理解し実行出来たかというと、およそ、かけ離れたものだったと思います。

自分たちで、東京滞在を決断したにも関わらず、自分たちの考えが邪魔をしていました。

 特に、2、3か月の提案に対して、どこかの時点で、勝手に、1か月としている点です。

当時の記憶がさだかではないのですが、恐らく、2、3か月が無理なら、1か月ぐらいなら東京へ行けるかもという、単に期間の問題としてか捉えられていなかったのだと思います。

当然、自分たちの考えを優先していること、分かっていないことを、すぐに、佐藤康行からも指摘されることになるのでした。

しかし、当時の私は、どこか、他人ごとのような思いが拭えてませんでした。

二組のご夫婦はちょっと大変そうだけど、私達は、そこまで、悩んでいないし……。

 その時、まさに、二年後、自分の置かれる状況が少しでも予知が出来ていたら?

または、二年後と同じ状況下にあれば、もう少し、取組みは違っていたかもしれません。

何よりも、私は、『相手の問題を自分事として捉える』ということがなかなか出来なかったのでした。

 

そういう過程を経過した中で、改めて、当時の音声を聞くと、ことの重大さが身を持って分かる内容でした。

  明日は、その、当時の音声に残された佐藤康行の話しを書きたいと思います。

 

※この度、『にほんブログ村』のランキングで、1位だった方がカテゴリーのお引越しに伴い私、吉田紀子のブログが繰り上がって1位になりました。

理由はどうであれ、毎日、ブログをご覧いただき、ポチッと、押していただている皆さまのお陰で1位にさせていただいたことには変わりはないと思っております。

人気ブログランキングに続いての1位です。

改めて、感謝を申し上げたいと思います!!

この度は、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

吉田紀子

 







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ