神業コンサルタント・・・5


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ



2日間、佐藤康行の講座と基礎編の内容をお伝えしました。

今日は、先日のコンサルタントの内容の続きをお伝えします。

 

人間のハングリーの心・・・夫婦の大調和の心

(夫)動かなかった物も、物に感謝できるという、

お蔭様の力が動き出したんじゃないかなと。

 

(佐藤)そう、そう。いいねえ。おかげの力ね。

 

(夫)そう。たぶん、それをたまたま、いろんなお客さんも、

輝いて見えたんじゃないのかなと思って。

もしも売れない商品となると社員もやる気をなくしますし。

 

(佐藤)そうですね。

 

(夫)どうせ売れないだろうと諦めの観念も。

たぶん私の前では出さないと思うんです、おくびにも。

頑張ってますと。でも実際の本音はどうせ売れないし、

問い合わせもないし。

 

(佐藤)営業マンが売ったんですか。

 

(夫)そうですね。うちの営業マンが売ったので。

そういうのも学長の表現を借りるとピッ、ピッ。

 

(佐藤)そう、届いてるんですよ、まさに瞬時にね。

 

(夫)じゃないのかなと思いますね。

 

(佐藤)早いね、吉田さん夫婦は。そうね。

吉田さんは特にお金とか物に出てくるでしょう? 

その物を動かす力が夫婦の力。

夫婦の性生活というか。

全然違うエネルギーなんです。

人間のハングリーのエネルギーと、

夫婦大調和の愛のエネルギーは全く違うんです。

1人の営業マンとかそれだったら、

ハングリーのオオカミのようなエネルギーでもいいんだけど、

社長になったらみんなを統括しなきゃいけない。

その意味で、そちらもちゃんと安定して、

当然社員たちをあれなのは愛の力なわけです。

見えない社長の愛の力。

それは夫婦がもとになりますから、

こっちが安定した時に向こう側、

会社全体にいい影響を与えるわけです。

根っこ、もとなんです。それが全てに現れてきます。

エネルギーが違うんです。

先ほど量子力学の話をしたけど。

ハングリーのエネルギーと愛と調和のエネルギーは、

全然違うエネルギーなんです。

 

(私)相反するエネルギーなんですか。

 

(佐藤)うん。

 

(夫)ハングリーというのは空腹という意味だと思うんで、

手に入れよう、手に入れよう。

 

(私)山に近いんですか?(砂場で山を築くようなイメージ)

 

(佐藤)そう。不足なエネルギー。これを夫婦だと。

これを妻。半分だと、これは半分になる。

半分だと半分のパワー。

ここの足りない分を足そうとする。

これを足そうというエネルギーになる。

でも、これ、夫婦。夫婦だとしたら、

これが大調和になった時に、

これがこのまんま大きな力が働くわけです。

半分の力で働くのと、一つの力で働くのと、

結果が違うわけ。これがずうっとなって、

これが仕事とか、そういうものに影響するわけです。

だから、ご夫婦でこういうことを一緒に勉強するってことは、

すごく大事なわけです。

何か聞きたいことは。

 

(夫)すごく今回、働き方改革と関連して、

どこの経営者の人も、

「社員が働く時間が短くなる=売上が減る」と、いうのはすごく懸念されてる、

ところだと思うんですけど。当社の場合でいうと逆に減ることによって、

確かに契約に至る前に物件を案内する数は減ってるんですけど、

売上は上がってるということは、

恐らく質は高まってるという証拠だと思うんです。

 

(佐藤)でしょうね。

 

(夫)量と質ってどう捉えればいいのかなと思いまして。

たぶんというか、これから時間ということに対して、

すごく経営者側も社員に対してシビアになってくるし

かといって社員も転職だとか働くことに対して時間という、

こっちに対してもシビアに、観点は違うんですけど。

そうは言っても会社として売上、

利益を上げていかないといけない。

それも少ない時間でとなった時に、

量と質となった時にある程度、

量をやれればいいというのは、

昭和的な働き方になるのかなと。

 

(佐藤)そうですね。要するに、

高次元手帳をお持ちですか。

 

(夫)はい。

 

(佐藤)あれがまさに時間と次元の部分なんです。

次元の部分は質だと思ったらいい。次元が質。

 

(夫)時間が量っていうこと。

 

(佐藤)時間は時間の量ですね。

例えば、チェックする所がありますよね。

個人というのは自分のためにエネルギーを出す。

組織は会社の組織、家庭の組織のためのチェック。

ある意味じゃ2人は組織です。

 

(夫)ああ、組織。

 

(佐藤)そうしたら、1+1じゃなくなるわけです。

もっと二乗、何乗にもなるわけです。

 

(私)最初の図、線が真ん中じゃなくて、

こっちに来てたっていってた。

あれがあのままの状態だったら。

 

(佐藤)だって、あれじゃないですか。ホントどこうだったけど、

この辺に来たじゃない。私の所に来た時に。

ほとんど崖っぷちだったわけ。イメージとして、

私の所に入ってきた時に、今落ちそうなんです、

崖に。こういう感じ。

(運指数をイメージとすると、正方形の図5分1が、

夫の運の割合だったのが、まさに、スレスレの9分の1、

いや、ほとんど、線だったと言っても過言ではないということです)

 

(私)あははは!

 

(佐藤)そういうイメージ。

(部屋に)入ってきた瞬間、「危ない!」って。

 

(夫)たぶん当時の私は全くそういうことも気づいてないですし。

ちょうど、表現が変わるかもしれませんけど、

 

(ここで、夫は、2010年に、薬物依存、アルコール依存に加えて、

ゲイの研究がスタートする際に、

面談してもらった話を引き合いに出しました)

 

その会に入る前に一度個人面談をしていただいた機会がありまして。

その時に言われたのが、

「吉田さんね、今崖にいるのに、

ズボンの上にこぼれた、

コーヒーの染みをすごい気にしてて、

そっちじゃないよと。落ちそうなんだよと。

 

(私)コーヒーのシミがって。後ろは崖なのに。

 

(夫)そのお話を今思い出しました。

それと同じ原理なんですかね?

 

 

(佐藤)全く同じ原理です。

 

正直、私は、夫と佐藤康行とのやり取りを聞いていて、

今更その話なのか?という思いになり、思わず、苛立ちを感じて、

質問をしました。

 

(私)それも10年前の話なんですけど、

コーヒーのシミがついた話というのは。

そこから何年かあって、

実際、主人がここ2年ぐらい学長のそばに来てなかったって、

もちろんあるんですけど。

そういうのって、何なんですかね?

成長してないというふうに取る人もいるとは思うんですけど、

同じことを見せられたというか、

どういうことなんですかね?

 

(佐藤)同じことを見せられるんですけど、  

(☟解説図、YSこころのクリニック動画より抜粋)

 

 

こういう感じです。

「よくなる、悪くなる、よくなる、悪くなる」だけど、

この時の最高とこの時の最低は、この時の最高より、

この時の最低のほうがいいわけです。

 

(私)うーん。

 

(佐藤)最初に吉田さんがいらっしゃった時に、

自分のことを言えなかったと。

実は自分がゲイだったという部分から始まりました。

でも、あの時も相当、下手したら、

ほっといたらどん底になってたと思います、

コンプレックスを持ってましたから。相当。

 

(夫)そうですね。

 

(佐藤)何か会う時はいつもこういう感じの時がある、

 

「おっと、危ない!」って。本人は気づいてない。

別なことを訊いたり。

 

「どっか行ってやりますよ」と、言ってるんです。

言ってたじゃないですか、「どっか行って働きますよ」と。

 

(私)こわー。フリーターかもしれないですね。

はあー。

 

(佐藤)どこで働くんだ? 

 

(私)あははは! ひえー。怖いですね。

 

 

(佐藤)うん。人間はね、チラッと浮かべたことで、

 

人生が決まっちゃうことがあるんです。チラッと。

 

(夫)たぶんそれは息子にも波及してると思います。

行く道に悩みを抱えていたんですが、

自分でどうするかというのも決まりましたけど、

それに対する決意がガラッと変わってきたんで。

私は見ててそう思いますし、

 

(先日真我開発講座を受講したことに触れ)

 

天使の光の講座が終わった後、

全然、血色が違ってましたし、

肌がきれいになったんで。

当たり前なんですけど。

すがすがしい顔をしてたんで。

似てるなと思って。

 

(佐藤)似てますよ。

 

(夫)悶々と抱えてるというところと、

いきなり唐突に「何、言うんだろう」というところと、

何かのきっかけでまたガラッと、

方向チェンジするっていうところが。

 

(佐藤)完全なる魂のおやじであり、もちろんお母さんです。

魂の部分で。だから、DNAより強いんですよ、魂のほうが。

本物の親なんです、彼から見ると。

吉田さんも本当に息子と言い切ってあれしてくるから、

素晴らしいです。

 

(私)ふーん。

今日は、ここまで。

※文中の『ズボンに付いたコーヒーのシミ』の話は、

以下参照

ズボンに付いたコーヒーのシミ







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ