命のコンサルタント・・・吉田家とお金の関係


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

講演会の参加お申込みはこちら
  ↓  ↓  ↓  ↓




先日からのコンサルタントの内容については、

今日は、最後です。

佐藤康行にコンサルタントをしてもらっている間、

私たちは、ある種、脳を変えてもらっているのです。

よく、佐藤康行は、皆さんの洗脳を解くという表現をされますが、

まさに、そうだと思います。

 

そして、その洗脳を解いてもらうことで、

さまざまな変化が起こります。

 

特に、我が家は、お金に直結し易いということを、

言われました。

そのあたりの話と、そのリハビリをする上で、

それを、きちんと、遂行するための、

助言の話でもありました。

それでは、続きをどうぞ。

 

 

 

(佐藤)今話ながら、脳をあれしてるんです。

脳が変わってきてるの。

脳の仕業なのよ。脳が何か働いてるんです。

脳から指令が行ってるんです。

私は半身麻痺になったでしょう? これでよーく分かったんです。

これは手じゃないんだ、これは足じゃないんだ、脳だと。全

部全身、脳から指令を送ってる。全ての隅々。特にあそこは自分のためじゃなくて、

女性のための行く脳なんです。そこの脳の働きなの。

まず、そういうことをあれするのは、まさにリハビリだということです。

 

(夫)はい。

(佐藤)リハビリ。だから、「やりたい、やりたくない」じゃない。

リハビリが必要なんです。どうでしょうか。

 

(夫)ありがとうございます、本当に。

命の観点からの経営アドバイスというのが、

最後の後半のアドバイスの部分にすごく凝縮されたと思いますんで。

頑張りの世界じゃなくて、自分の意識をどこに向けるかという世界だと思いますんで、

次回お会いする時には、

実際にやった行動の成果をご報告させていただきたいと思いますし、

改めて学長もお忙しいですけど、

お時間をいただければ幸いです。

 

(佐藤)もちろんです。

 

(夫)ありがとうございます。

 

(佐藤)別に朝立ちにこだわらなくてもいいんですよ。

今晩でもいいんです。ただ、あちらの方もそういう意思を持つか持たないかってのがあるんです。

自分がそういう気になるか、ならないか。

私はここに結構しつこく言うのは、何年も前から相談に乗ってる話だから。

だけど、そうじゃないから今日強めに言ってるのは、

このまま行くと、また元に戻っちゃうなと。

今日初めての話じゃない。何年も前からの話だから。

ちょっとぐらいじゃ実行しないなというのがあるわけです。

 例えば、奥さんから触っていっても絶対拒否しないほうがいいと思います

別に反応しなくても。それだけでも愛の交換になりますから、

触るだけでも。女性の前でこんな話はあれですけど。

 

(夫)はい。

 

(佐藤)でも、ここ、大事だから。

 

(夫)でも学長、ご覧になっていたかのように、

たまにやっぱり僕も拒否する部分もあるんで。

 

(佐藤)そうでしょう?

 

(私)ふふ。どちらかと言えば、拒否の方が。

 

 

(佐藤)私は手に取るように分かる。

 

(私)あはは。

 

(夫)全てお見通しされてるなと思って。

それをおっしゃったっていうことは、

見えてておっしゃってるなと思いましたね。

 

 

(佐藤)そう。だって女性の手なんだから、

そのまんま任せておけばいいんです。

もしそれでちょっと元気になったら、それはしめたものです。

一番大事なことなのに、世の中でこういうことを教える人はいないんです。

私は私の見込んだ通り、紀子さんだからこうやって、

10年もってやってる。その意味で、私の直感は当たってた。

私は紀子さんに何て言ったかというと、

吉田家を盛り立てて、ちゃんと彼を男にして、

会社を発展させろ。佐藤康行の刺客だ」

と言ったの。幸せにしてこいと。

私からの声を、もしあれだったら受け取ってないってことになるわけ。

 

(夫)すいません。

 

 

(私)はあー。

 

 

 

(佐藤)10年もこうやって一緒にいたってことは、

吉田さんも全部認めてるからだと思うんです。

 

(夫)はい。おっしゃる通りです。

 

(佐藤)そうでしょう? そうじゃなきゃ、いられないですよ。

ものすごくね、こうやって書いてること全部やってるしね。

 

(年末にコンサルタントをしていただいた際に、アドバイスとして、いただいたことを、

箇条書きにしている紙を見ながら、佐藤康行は夫へ向けてこのように、言いました。)

 

一つだけ除いては。一つ除いては全部やってらっしゃる。

 

 

(夫)でも、その一つが一番肝心な。

 

(佐藤)一番肝心なの。優先順位の1番なの。

 

(私)あはは。

 

(佐藤)チェックしたら、全部やってるんだ、さっき言ったの。

素晴らしいですよ。素晴らしいです。

(夫)次回またお会いする時に、後先考えずに、

まず目の前の一回、そこにこだわって。

 

(佐藤)そうですね。そこで何が起きるか、

楽しみにしてください。

 

(夫)はい。

 

(佐藤)すごいことになると思いますよ。ということです。

 

(夫)どうもお忙し中、ありがとうございました。

 

(佐藤)どうですか? 紀子さん。

 

(私)毎回なんですけど、全ての疑問がというか。

 

(佐藤)そうですか。

 

(私)はい。学長は「私だから」とおっしゃってくれましたけど、

真我じゃなかったら無理ですね、本当に。それはそれこそ本当に過去何度となく、

学長と対峙させてもらった時も、もちろんそうですし。

確かに主人がここを離れるきっかけになったことにもなるかもしれないですけど、

例えば、私が他の事業をやるとなって親に誤解されたりとか、

いろんなことがあってとか。

でも、たぶんその看板を上げてなかったら、

今度離れる理由が私にもできると思うんです。(誤解を解くまでは)

上げてたから離れられなかったというか、その命がつながってくると思いますけど。

「何でやってるのかな」と何度も思いましたし。

 

(佐藤)うん。人間の世界の横の世界と、縦の世界の動きがある。

縦の世界は命の世界なの。こちらのほうにつながった動き。

これは横の世界では、原因・結果の世界では読めないです。

 

(私)うーん、そうですね。

 

(佐藤)縦の法則なの。それが何でそんなこと、

何で経営なのにセックスの話をしてるのか。

でも、ずうっと最初からそうやってるわけ。

全部こちらの縦の話。縦の話に動き出したら、

すごいんです。お金も関係してきちゃうわけ。

お金はすぐ直結するわけ。

それは長年、お父さんはじめ先祖もはじめ、

吉田さんの会社、ビジネス=お金ですよね。

そういう所にすぐ直結しやすい人と、

人によって違うわけ。それは家族の部分に出たり、

健康状態に現れたりする。吉田さんの場合、お金にすぐ出るわけです。

 

(私)すごいですよね、お金は。

 

(佐藤)それは長年の蓄積の思いのおかげなんです。

 

 吉田さん、ぜひそうしてください。

 

(夫)はい。

 

(佐藤)それはね、吉田さんが思う何十倍、

何百倍もの力を発揮しますから。

いくら仕事のことをあれしても、空回りするような感じになっちゃいますから。

こちらをピッとやった時に、空回りじゃなくなります。

だって空回りって、自滅型になっちゃったら、

空回りどころじゃないです。

全く逆回転になっちゃう。紀子さん。

 

(私)はい。

 

(佐藤)いいですか? これは2人のことですからね。

彼だけの話じゃないですからね。

紀子さんのことでもありますからね。そうでしょう? 

ういう話ですから。同時の話ですから。

絶対諦めないでください、その部分は。

 

これは諦めたらおしまいの話ですよ。

絶対諦めない。

 

確かに紀子さんはすごいですよ。

ブログだってずっと私は全部読んでるけど。

そのちゃんとコツコツやる真面目な姿勢。

継続してますよ。すごい信じる力。それがずうっと10年間あれして

なおかつ、そうこうしてるうちに、お父さんの癌まで治ってて、

お姉さんが。それまで、お姉さんもずっと1年ぐらい前、

とても結婚できるようなあれじゃなかったんですよ、

いろんな意味で。考え方から。それが全部変わっちゃった。

私はよく知ってますよ。それが全部根こそぎ変わっていきました。

ガラガラガラーッと。どちらも全部すごいことです。

全部すごいことです。吉田さんは恵まれてるんですよ、

いろんな意味で。

 

(夫)はい。

 

(佐藤)そういうものも含めて、

ものすごく運のいい、強い方です。大きな流れは。

 

(夫)ただ、私はそれに乗ってなかった。

 

(佐藤)そうそう。だから、私は吉田さんを世界一の経営者にしてみせるってのは、

嘘じゃないです。本当にそう思ってますよ。

私はそうやって人を生かす専門家ですから、

それにピッと乗れる、いろいろいるわけです。

いきなりすごいことになって。

 

例えば(黄金の谷の法則プログラム実践版に出て来る、

プログラムユーザの方の名前を挙げて、

Kさんにしろ、Hさんにしろ、いきなり100倍になったでしょう? 

そうすると、全部喜びになります。今の何十倍、何百倍って喜びになって、

繁栄のエネルギーになります。自滅のエネルギーじゃなくて。

吉田さんは、そういう能力がありますよ。

こんないい奥さんね。すごいですよ。

それも吉田さんの力ですよ、

実力ですよ。

 

ここで、佐藤康行はコンサルタント中に、

夫が、ここ最近の息子が、

いろいろと将来のことを話をしたことについて、

息子へ向かって、『お父さんは応援するから、

頑張りなさいと』言ったことについて触れ、

 

先ほど正直言ってね、息子はこうだって、

 

ものすごく私は嬉しかったです。

 

「おお、すげえ大きいな」と思った。

 

 

(夫)ありがとうございます。

でも、面談がなかったら、そういう発想すらなかったと思いますし。

私も同じように慌てて余計に問題が問題として、

大きくなっていくんじゃないかと思ったので。

そういった意味では、こういった学長がわざわざ時間を作っていただいた、

面談のおかげだと思っております。

ありがとうございます。

 

(佐藤)ありがとうございました。

よかったあ。じゃ、そういうことで。

 

(夫)はい。

 

(私)ありがとうございます。

 

(佐藤)あと、何かあったらどうぞ。

 

(私)いや、もう大丈夫です。

 

(佐藤)大丈夫ですか。

 

(私)はい。

 

(佐藤)はい、ありがとうございました。

 

(夫)お忙しいところ、ありがとうございました。

 

(佐藤)ありがとうございました。

 

(私)ありがとうございました。

 

こうして、貴重な、命のコンサルサルタントの時間は、

 

終わりました。コンサルタント中、

 

『諦めたらおしまい、絶対に諦めない』と、

 

言われたことが、もの凄く、私には、

 

響きました。と同時に、私の心情を、

まるで、手に取って見ているような、

感じがしました。

 

 

お読みいただきました、皆様は如何でしたでしょうか?

 

コンサルタントをしていただいた事によっての変化は、

また、ここで、公開したいと思います。

 

今日は、ここまで。







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ