数は、関係無い


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、ネットの記事を紹介します。

複数紹介します。

「性的少数者の理解増へ、法律つくるべき」自民・稲田氏

■稲田朋美・元自民党政調会長(発言録)

 

朝日新聞デジタルからの記事です。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/06/inada-tomomi-rainbow-pride_a_23428409/

 

こちら、2つの記事は、

昨年ネットで公表されている記事でした。

 

一つ目は、下記のような件で記事が始まっていました。

小学生である自分の子供に、LGBTをどのように伝えればいいのか――この数年、私が抱えてきた課題だ。

子供たちはLGBTという言葉は耳にしているし、私がLGBTに関する記事を出していることも知っている。でも、それが何なのかはわからない。

 

https://www.huffingtonpost.jp/kazuhiko-kuze/trp2017_b_16742368.html

 

もう一つは、

児童養護施設で暮らすLGBTの子どもが抱える悩みとは? 全国初の実態調査から見えてきたこと

という件で始まる記事でした。

https://www.huffingtonpost.jp/2017/05/30/lgbt-children-foster-home_n_16875870.html

 

 

皆さまはどのように、思いましたでしたでしょうか?

 

私は、こうい記事を目にする度に、いつも、思い出すことがあります。

 

それは、佐藤康行が、『数は関係ない』と、言っていたことです。

 

世界中🌏で、LGBTということに、理解を示すということが、

時代の流れのように言われています。

少しでも、異なる発言をしようものなら、

叩かれます(笑)政治家の方でも、何人かメディアを通して見たことがあります。

 

ですが、いつも、思うのが、根本的に、どうして、そういう状態で生まれてしまったのか?

 

また、佐藤康行がやっていることと、同じように、

 

一致出来ますということを、公に発言しているところは、

 

全くないです。

 

数で表すと。

1対世界🌏という感じですね(驚!!)

 

それでも、真理の世界で、真我で、

 

解決出来るということが、

ある以上、この先、佐藤康行は、

世界へ合わせることは、

無いのです。

 

むしろ、世界が、追いついて来ることは、

 

あるとは思いますが。

 

 

ひと昔前は、そういう記事さえも、

 

無かったのです。であれば、きっと、

佐藤康行のことに賛同する人が、

表れてもおかしくないのだと思います。

 

最初に、誰が、賛同してくれるのでしょうか?

当事者?当事者の家族?お医者様?大学の教授?

 

気付いたら、昨今のLGBTの単語が並ぶように、

 

そう遠くない日に、

メディアで取り上げられる日が来てもおかしくないと思います。

 

『LGBTは寛解する』『心と身体は一致出来る』

等々の言葉が並ぶんでしょうか??

 

そのような言葉が並んでも、

誰も、批判をする人は居ないと思います。

不一致のまま生きる、

一致させて生きる、

何故なら、そういう選択肢があった方が、

より、生き易い世界になると思うからです。

 

 

今日は、ここまで。





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ