性同一性障害と医療従事者


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、新聞記事をご紹介します。

2017年3月18(土)付、日本経済新聞の記事より。

性同一性障害、2万人受診

心と体の性が一致しない性同一性障害(GIÐ)で国内の医療機関を受診した人が、

2015年末までに延べ約2万2千人に上ったとする調査結果を日本精神神経学会の研究結果を

日本精神神経学会の研究グループがまとめ、札幌市で18日に始まったGID学会総会で公表した。

12年末時点の前回調査と比べ、3年で約5割に当たる7千人増加した。実際のGID当事者はさらに多いとの見方が強く、受け皿の整備が求められそうだ。

障害への社会の認知が広がり、当事者の意識も変化したことが増加理由とみられる。

15年末まで、3年で5割増・・・「国内に数万人」裏付け

当事者は国内に数万人いるとされるが、受診者数が増える指摘した。

研究グループの針間克己医師らが、GID当事者が受診しているみられる各地の26

医療機関にアンケートを実施。医師がGIDと診断した人数を集計したところ、

15年末までに延べ2万2435人だった。14年にも同様の調査を行い、12年末までの

受診者数を集計。その際は延べ1万5105人だった。

今回調査で、体が女性で心は男性の受診者が1万4747人だったのに対し、

逆のケースは7688人だった。針間氏らは26医療機関以外で診断を受けた人もいるとみて、

国内の当事者数を約2万5千人と推計した。

GID学会理事長の中塚幹也・岡山大学教授(生殖医学)は「障害への理解を深め、

いじめや差別の二次被害をなくすためにも、当事者の数をしめすことは重要だ」と指摘し

ている。

お読みいただいた皆様はいかがでしたでしょうか?

この問題を、障害として存在を見るのか?

人間の記憶として見るのか?

まったく、結果は大きく変わるのです。

 

佐藤康行は医者では治せないというものを、

全部、引き受けてきました。

末期ガン、DV、統合失調症、ゲイ、性同一性障害等々……。

しかも、「私に、断る権利はない」と。

 

あんたは、末期がんだから、治りませんね。

あなたは、一生、DVですね。

あなたは、一生、統合失調症ですね。

あなたは、一生、ゲイですね。

あなたは、一生、性同一性障害ですね。

 

 

これは、すべて、夜空に浮かぶ三日月です☾

 

本当の自分に目覚め、

本当の自分、

満月🌕に出会った時、

 

思いもよらない人生が待っているのです。

 

 

以前、夫に尋ねたことがありました。

もし佐藤康行と出会っていなければ、

どうだったのか?

 

結婚もせず、会社は継がず、

600億近い借金はそのままです。

 

そして、あまり遠くない海外、

思い立ったら、パッと、

日本に帰れるくらいの距離の所に、

居たかもしれないと言っていました。

 

世界の🌎医療従事者の方へ、

 

佐藤康行がやっていることは、

医学ではどうのように解説されるのでしょうか?

 

 

 

今日は、ここまで。



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ