LGBT進まぬ法整備・・・東京新聞より


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日は、予定通り、草抜き、窓ふきは終わりましたが、クローゼットの中の整理までは、

いかなかったです😅

ただ、窓ふきをしている間に、バルコニーの汚れが気になり、

予定以外の掃除をしまいした。でも、予報通り、雨でしたから、

外仕事を終わらせて正解でした😃

クローゼットは今日に予定変更です。

 

さて、今日は、新聞記事をご紹介します。

2016年11月22日(火)の東京新聞からの記事です。

 

「差別禁止を」当事者ら集会や署名

性的少数者(LGBT)への差別を解消する法整備の議論が足踏みしている。七月の参院選前に国会で法制化の動きが活発化したが、自民と野党で考え方に違いが大きく歩み寄れなかった。

先進各国で法整備が進む中、与野党とも世界の注目が集まる二〇二〇年東京五輪を意識するが、見通しは立っていない。

LGBTの当事者らは集会や署名活動で機運を盛り上げる。(奥野斐)

与野党にズレ 歩み寄れず

インターネットで署名活動を展開しているLGBTの当事者らが十六日、国会内で法整備を求めて集会を開催。百人超の関係者が集まった。

戸籍上、女性として生まれたが自分を男性と認識する性同一性障害の当事者は「自分がおかいしのかと悩み、十七歳で自殺未遂をした」と打ち明けた。「家族にずっと隠してい生きるのがつらかった」(レズビアンの女性)など切実な訴えが続いた。

集会の実行委員長でゲイの松中権さん(四〇)もマイクを握り「当事者を救うセーフティーネットして、差別はダメだと言える法律が必要だ」と求めた。集会には、LGBTに関する超党派議連会長の馳浩衆院議員(自民)も姿を見せた。こらに、先立つ十四日、馳さんは議連総会で法制化作業の継続を確認して、「(与野党が)互いに理解し合わないと十年たっても法律はできない」と危機感を示した。

LGBTの差別解消を目指す法案は一月、県民主党が法案骨子を発表。恋愛や性的感情がどの性別に向かうのか「性的指向」と、自分の性別をどう認識するのか「性自認」を理由にした差別を禁じる内容で、政府に基本方針の策定を義務付けるとともに、行政や企業が当事者を差別することを禁止した。これを基によ野党四党は五月、法案を国会に提出。筆頭提出者の西村智奈美衆院議員(民進)は「差別禁止を明記し、実効性のある法案にした」と話す。

一方、自民党も二月、党内に特命委員会を発足させた。だが、「自民党は関心が薄く、法整備が必要な実態を知らな議員も多い」とある当事者は懸念する。参院選前に公表された党の基本的な考え方に「差別禁止」は盛り込まれず、LGBTを巡る「理解増進」にとどまった。

法案は今提出されていない。

国連人権理事会は五年前、性的指向などによる差別問題に取り組む決議を採択し、先進国の多くでLGBTの差別を禁じた法律が成立。

国際オリンピック委員会も二年前、五輪憲章に性的指向による差別禁止を加えた。LGBTの問題に詳しい中川重徳弁護士は「日本でも、理解促進

と差別禁止を車の両輪に法制化を進めるべきだ」と強調した。

LGBの抱える困難な事例(LGBT法連合会の困難リストから作成)

 

学 校

・同級生から「気持ち悪い」といじめら、教員からも「お前が悪い」と言われた

・相談場所がなく、支援を受けられなかった

職 場

・就職活動で告白したら、面接を打ち切られた

・健康診断でホルモン治療の事実がしられた

地 域                                                      ・家族から無視された、死んだ者として扱われた                                    ・将来への不安や孤立から自殺したの不安や孤立から自殺

不利益 職場でも学校でも

LGBTの当事者はどんな場合に不利益を受け、苦しんでいるのか。当事者団体などの全国組織「LGBTの法連合会」は事例をリスト化、公開している=CG。

事務局長代理の綱島茜さんは「現状は相談先も少なく、相談相手に知識がないと、周囲に当事者だと知られてしまうなど二次被害もある」と説明する。そのうえで「差別が何かという基準を社会で共有し、当事者の困難が解消されるよう体制を整えるべきだ」と訴える。

 

記事をお読みになった皆さまは如何でしたでしょうか?

私は、そもそも、なぜ、このように、性自認出来ない状態で、

生れてしまったのか?ということから、スタートしないと、

この問題は、解決することは、難しいのだろうなと思いました。

当事者の方、サポートをする方々が、根本を見た時、自然法爾の如く、

労力を使わず、顕れてくる世界があるのだろうと思いました。

 

 

三日月という月は無いのです。(LGBTという人間は居ないのです)

 

満月なんだ。(男と女なんだ)

 

 

 

今日は、ここまで。

 

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ