誤解を解く・・・失言


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、いつもの時間にブログがアップ出来ませんでしたm(__)m

 

6月5日(日)~6月16日(木)まで、前回、東京に滞在した時の模様を、

佐藤康行と対峙した時の様子をお伝えしました。

今日は、その後についてお伝えします。

父の誤解…

前回の東京滞在は、父の誤解を解くことに集中するために、

滞在しました。

その証拠に、わざわざ、佐藤康行に父の役をやっていただき、

練習しました。

 

その時、私は、隣で聞いていて、一つ、気になったことがありました。

佐藤康行も気づいていたました。

でも、その場では何も言いませんでした。

 

そして、東京から戻った翌日に、早速、父へ話しをしたのでした。

最初、父は、夫に対して、

「佐藤先生のことは、もう、分かっているから、

話す必要性はない」ということを言ったそうです。

それでも、夫は、父と話しをする場を作り、

佐藤康行が、夫にとってどういう存在かということを話したそうです。

話が終わった後、夫は、早速、佐藤康行へ報告の連絡を入れました。

その時に私にも電話をしてきました。

夫からの話しを聞き、練習をしていた時に気になったことが、

そのまま、現実になってしまいました。

 どういうことかというと…

父に対して、佐藤康行の存在は、

『父よりも大事』だということを言ったのでした。

その後、流石に、佐藤康行からは、

『失言でしたと言って、すぐに、お父さんへ、

発言について、訂正しいた方が良い』と、言われました。

もちろん、私も、そのように思っていました。

ですが、夫は、訂正する気はないと。

なぜなら、自分では、失言とは思っていないからだと。

 

そして、もう一つ、つい、数日前に分かったことがありました。

 

父より大事な存在の中に、研修に来ていただいている、

『田中先生』と『私と息子』の存在を入れていたということが分かりました。

それも、ハッキリと、『私にとって、親よりも、大事な人が四人居る』と言ったそうです。

 

そのようなことを言ったので、

『乗っ取りという』ことは、

言われなくはなりました。

しかしながら、同じ社内に居て、社長と会長の関係性がいいはずはなく、

 

佐藤康行流に言うならば、『膠着(こうちゃく)状態』なのです。

 

 

私にとっては、新たな、

 

『悩み』が始まったのは言うまでもありません……。

 

 

 

 

今日は、ここまで。

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ