解説をしてみる✑


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

先日、ブログで、真我は命より大事ということを、

書きました。

 

自分で書いたので、自分が意識します。

 

自分が話す言葉は、一番、聞いているとは、

 

言ったものです(●^o^●)

 

 

さて、その解説を自分が出来るのかと思って、

 

考えようと思いました。

 

 

先ずは、自分の体験を省みました。

 

 

命より大事、

 

普通は、そんなことを言ったら、

 

命より大事なこなんてあるわけない』と、

 

言われるでしょう。

 

 

ですが、『命』まさに、

 

我が家は、命のことでした。

 

 

真我開発が無ければ、

 

命が断絶していたわけです。

 

少なくとも、心の中では完全に断絶していました。

 

心で断絶していたものが、

 

まず、心が救われました。

 

心が救われるということは、

 

心をなでて、一時的に、

 

何となく、良くなったというレベルではありません。

 

心が救われ、命の断絶を辞め、

 

結果的に本当の意味で、

 

命が救われ、命が生かされたのです。

 

当り前ですが、

ほっといたら、

肉体の命が亡くなっていたのです。

 

 

私自身の場合は、

 

命を絶つというよりは、

 

記憶を絶ちたいと、

 

本気で思っていました。

 

危ないですねーーーー。

 

記憶が無くなれば、

 

悩み、苦しみから解放されるので、

 

そちらの、世界🌏が良いと思っていました。

 

記憶が経たれたら、本人は、

少なくと、願いが叶ったといことなので、

幸せかもしれません。

ただ、今度は、記憶が無くなったことで、

新しい苦しみが始まるとも言えると思います。

当然、周囲の家族は大変ですね。

 

 

 

真我に目覚めたあとにも、

 

そういう思いに駆られていたので、

 

『真我開発講座って、人生の上がりじゃないの??』とか、

 

思っていました。

 

受講後、迷ったり、不安になる気持ちは、

 

そういう意味では、私も、その気持ちがよく分かります。

 

 

そういうことを思って、

 

朝、寝室の掃除機を掛けていたら、

 

昨年、佐藤康行と実家の父が、

 

クリニックで面談をしてもらっていた時の音声が、

 

YSポットから、

 

鳴り響いていました(@ ̄□ ̄@;)!!

 

父も、ある意味、命が懸っていたので、

 

面談へ行きました。

 

 

佐藤康行は言います。

 

 

真我に目覚めるには、

 

『命が懸るぐらいがちょうどいい』

 

 

確かに、真剣にならざる負えないです。

 

 

ですが、明らかに、夫を通して、

 

追究始めた頃、

 

私から観る夫、

また、私自身も、

 

 

ゲイが命のことに関わっているなどとは、

 

まったくもって、理解していませんでした。

 

 

かつて、佐藤康行から言われた言葉があります。

 

『私に言わせると、命が懸っているですよ、

命が懸っているんですから、

真剣に受け止めて欲しいわけ』

 

命が懸っているですよ!!

 

命より大切なこと。

 

 

今日は、ここまで。





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ