自動操縦の世界・・・息子の環境の変化


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

約、11日間に渡って、2012年12月18日(火)取材当時の、音声に基づいた内容をブログで書いてきました。

今日は、昨日に書いた、『我が家で起こっていた変化』について書きたいと思います。

実は、この取材中に留守番をしていた息子は塾へ出掛ける準備をしていたにも関わらず「気持ちが悪くてご飯が食べられない」と、

私の携帯に連絡をしてきました。そのことについて、佐藤康行は、「もう、伝わっているんだね(ここで、やっている事が)」

と、話している音声が残されていました。

以前にもブログで書きましたが、生命の源にアプローチをすると、直接、佐藤康行に会っていなくても、共時性が起こることは不思議ではありませんでした。

以前は、夫の体調に変化が起こりました。

 (詳細 ↓ )

 http://gay-hanayome.com/体調不良・・・継承への抵抗

 

そして、その共時性を証明するかのような出来事が起こりました。

取材協力から、約、一週間後、長い間(約11か月間)息子とトラブルになっていた一人の同級生の子が学校を辞めるという事態が発生しました。

取り立てて、息子とその同級生との間の出来ごとが原因では無く、別件に於いての問題があまりにも大きかったということだけが、後に分かった事実でした。

この、11か月の間、学校側も何もしなかったわけではありませんでした。

学校外でのトラブルがあった際には、早朝に担任の先生が暫く朝、息子を迎えに来て一緒に登校して下さった期間もありました。

学校内の問題も、決して、放置をすることもなく、どちらかと言えば、先生方も、熱心に対応して下さいっていたと思います。

ゆえに、解決しないことに対して歯がゆい思いをしたのも事実でした。

しかし、生命の源に焦点をあてていると、直接、手を下す事もないのに、「自動操縦」のような現象が多々起こります。

まさしく、この、一件は、自動操縦の一つだったと思わざるおえないことだと思っています。

 

息子の学校生活は、この日を境に、ようやく、落ち着きを取り戻すことが出来ました。

 

生命の源へのアプローチと現実の生活においての変化は、その後、私たちは、色々な形で目の当たりにすることになりました。

 

(明日に続く……。)

 

 

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ