第一創造・生命の源の開発


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日から、数日間は、『夫のゲイが元に戻りっぱなし』に、なったきっかけとも思

われる前兆の出来ごとを書きたいと思います。

今日は、特に、『第一創造・生命の源』の開発について、書きたいと思います。

佐藤康行が編み出した『YSメソッド』のワークは、約、1000以上あると言わ

れています。

講座中に、取り組むワークは、どれも、アウトプットによって構成されています。

徹底して、アウトプットだけでワークをするので、やらされたという、違和感が無

いのです。極端な話し、やりたくなくれば、やり過ごすことも出来ます。

 

ただ、ワークに取り組むことで、明らかに、生命の源は開発され続けていると思います。

実際に、取り組んでいる中で、感じたことは、『生命の源』と、言うだけあって、

最大の親孝行、先祖孝行を、結果的にやっていることになるのだなということを、

一度ならずとも、何度も経験しました。

「誰のお陰で今があるのか?」「お陰様で今の私がある」と、頭や理屈ではなく体感で、何度も経験しました。

分かり易く言えば、『私の人生』と、言った時、

私が産まれてから、今現在という、何十年間という単位ではなく、

私の、生命を、繋いでくれた、両親、祖父母、何十世代にも渡る、先祖という単位

まさに、生命の偉大さ、重みを、無意識の中で、感じることが多くなりました。

そうした時に、現実の世界で、常識では考えられないことが繰り広げられて来まし

た。すでに、ブログにも書きましたが、600億の借金の清算に始まり、社員の変化

好条件の事業資金の融資等々です。

私たち夫婦としては、奇跡のような体験は、生命の源を開発し続けた結果の副産物

だと捉えています。

 

2013年辺りから、集中して、佐藤康行が行う、講座、講演会、フォローへ参加をし

ていく中で、不思議な体感がありました。それは、2014年7月に一人で講座に参加した時でした。

ワークの中、自分自身のルーツを書くワークがありました。

私の父方の祖母は、実姉の嫁ぎ先に姉の亡き後、後妻に入りました。二人の子供が

居る所へ後妻に入り、後に、父を含む4人の子供を産みました。

祖父は長い生きをしましたが、祖母は、私が、4歳の時に亡くなっています。

私は、生前の祖母の記憶がありません。正確には、自宅で療養していた時と、亡骸

に対面した2度だけの記憶だけでした。ですが、自分のルーツを書き進めていた時に

「そうか、おばあちゃんが、後妻に入らなかったら、父もこの世に存在しな

いし、私も生まれていないのか~。あ~、そうか~」と、今までも知っていた事実

でしたが、改めて書いた時に感じるものは明らかに違いました。

思わず、心の中で、「お父さんを産んでくれてありがとう」と言っている自分が居

ました。

自分を産んでくれた両親に対して「産んでくれてありがとう」と、言ったことはあ

りましたが、記憶の無い、祖母へ対して、「父を産んでくれてありがとう」と、

言ったり、思いを馳せたりしたことは皆無に等しかったと思います。

 それを、本当に、心の底から思いを発した時に、もの凄い膨大な涙が溢れました。

同時に、目をつぶっていると、殆ど、記憶に無い、遺影の中にいる

祖母の顔が浮かんできました。

「おばあちゃんのお陰で今があります、私の息子です」と、心の中ではありました

が、祖母へ息子を紹介することも叶いました。そういう体感は、講座が終わり、

日常生活に戻ってからも続きました。

「おばあちゃん、おばあちゃん」と、思わず心の中とはいえ、呟いてしまう自分が

いました。そうしていると、亡き祖母の遺影が私の中では、日毎、日毎、濃くなっ

て来ました。そして、そういう思いから、さらに、今まで、思ったことのない感情が出て来るのでした。

 

(明日に続く……)





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ