神業コンサルタント・・・4


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ



昨日は、私から見た、

佐藤康行にコンサルタントをして戴く前と、

後の話を書きました。

今日も、引き続き、コンサルタントの内容のお話をお伝します。

運指数の話

(佐藤)そうですね。

 

(私)ここでこうやって話してることも、もちろん。

 

(佐藤)あの判断は、ものの見事だよね。

 

(昨年、面談をして貰おうとした判断について)

 

(私)ものの見事ですね。

講座中、質問しようかどうしようかと思いながら、

ペアワークを繰り返していく過程で、

最後に、学長の目の前になって、

聞いても聞かなくてもどうかなという感じで、

質問した結果、あの面談につながったというのもありましたし。

 

(佐藤)うん、そうね。来た瞬間パッと浮き彫りになったね。

(夫の辞めたいという思いについて)

 

(私)そうですね。誰にも言わない。

基本、もともとあまり自分のそういう思いとかを、

口にしないで我慢したりとか。

先ほどの会長の話もありましたけど、

引っ越しするとかしないとか、

行きたいとか行きたくないとか、

それぐらいの意思表示をしたっていいじゃんという。

 

(ここで、夫が人生で初めて、ゲイだという事を、カミングアウトしたことに触れて)

 

(佐藤)それはね、出会いがそうでしたよ、考えてみたらね。

 

後から電話がかかってきて、みんなが(講座中)、

言いたくないことを言ってるのに、

自分は言えなかったと泣きながら電話がかかってきた。

 

(私)うん。

 

(佐藤)だから、私のもとに来たら何か出るんだ。

 

(私)そうですね、いろんなものが。

 

(佐藤)それからセミナー中、売れない商品が売れたとかって。

 

(夫)そうですね。5種類ほど売れましたね、

ポンポンポンポーンって。

 

(佐藤)はあー。

 

 

(私)受講した時の主人の変化もすごいですね。

 

(夫)あの時に「おかげさまワーク」というのをやってたと思うんです。

学長が、人の話も自分のものとして「おかげ」と書きなさいとあって。

発表の中で、「物にも感謝できるようになりました」と。

「へえ、すごいね。物に感謝できるんだ、この人」と思いながら、

自分事として、「へえ、すごいな」と思って書いてたんです。

そうしたら、たぶん自分の心もそうですけど、

今、思うと物にもそれが乗り移ったんじゃないかなと。

物ですから。

 

(佐藤)物ね。ああ、そうだ。物だ。

 

(私)○○○という物なんで。

 

(夫)「あ、そういうの、通じるんだ」と。

 

(佐藤)通じるんだね、間違いなく。

 

(私)量子力学の世界ですよね。ピッと行ったらパッと。

 

(佐藤)そうですね。

 

(夫)講座中、社内用専用の携帯に、

結構メール来てるなと思って。何だろう?と。

 

(私)しかも売れなかった商品が。

 

(夫)1年以上売れてない。問い合わせもない。

 

(スタッフ)あの日に?

 

(私)あの日にいっぱい申込したいとか、

契約したいとかっていう。

社員からの社内メールが。

物が動いたっていう。

 

(佐藤)ずっと動かなかったのが。

 

(私)主人の心のままですよね。あの状態。

だって、辞める気満々だからブツなんか動くわけない。

 

(佐藤)ああー、すごいね。

 

(夫)あとは彼女のブログも順位がずっと、

受けてから1位のまんまで。

もう一つのブログのほうでは1位なんですよ。

もう一つがゲイの主婦日記というのが断トツですごいんです。

2,000とか3,000。こっちは300から400ぐらいだったんです。

今その1位が108ぐらいにドンと落ちて、

2位が落ちてるわけじゃなくて倍まではいかないですけど500、

600ぐらい常時行けるようになって。

いい時は700ぐらいの形でグン!と逆転していくんで。

 

 

(佐藤)あははは!

 

 

(私)何もそんなに書いてないんですけど、

 

あまりランキングを意識して記事を書くことないんで。

 

でも、昨日は朝1で問い合わせが来て、

 

「ゲイが治るってどういうことですか」

 

学長が今度、基礎編されるので、

 

一応、基礎編の案内も送ってあげたんですけど。

 

主人は会社の社長だからお金は自由に使えるから、

 

「まだ、男遊びをしているに決まっている」

 

「こんなの笑い話です、あなたの書いてることは」とか。

 

 

(スタッフ)それはコメントで?

 

(私)コメントというか。

最初は「治るってどういうことですか」

という問い合わせだったので、

 

解説だけ書いて送ったら、直ぐに、今度はメールが来て、

私が書き綴っている記事に対して、

 

「友達もこのブログを読んでもらいました。

こんなんで治ったなんて笑い話です」と。

 

 

(佐藤)あはは!うん、素晴らしいです。

図にするなら、私から見るとコンサルティングやる前は、

運です、これ。

 

(夫)運。                        

 

(佐藤)運。前は一緒にやってたんだけど、       

だんだん奥さんがこちらになって、

ご主人がこうなってきて。

今ずっと話を聞くと、こうなってきた。

 

(私)うーん。

 

(佐藤)運指数という。

 

(私)運指数。

 

(佐藤)うん。夫。

 

(私)そうですね。ダイナミックですからね。

主人の変化は大きいですね、ものすごい。

 

(佐藤)大きいです。

 

(私)一回受けた時、そうやって物が動くとか、

売上に直結するとか、瞬間じゃないですか。

 

 

(佐藤)そうね。特に夫婦が2人で、

やってるってことがものすごい大きいです。

1人の所で半分でしょう? 2人だと、これが一つになるから、

これがブワーッと映像に現れるようになる。

これがフィルムだとしたら、これがスクリーンにブワーッと映っていく。

2人のあれがスクリーンに現れてくる。

そして、現象面が変わるわけです。

それが売れない物件にピッと現れたり、

「辞める」と言ってるはずの社員が辞めなくなったり。

そういうのが会社全体と私生活にも全部出てる。これも。

 

(夫)確かにおっしゃる通り、お金という部分からすると、

今、他の会社で取引はグループ会社に何社かできてるんですけど、

○○(夫の会社の屋号)名前の付く会社は、

そこの金融機関は絶対駄目なんです。というのは、

そこの融資部長が昔バブルの時に勤めてた金融機関に迷惑をかけたらしくて。

 

だから○○(夫の会社の屋号)という名前が付くと会社は絶対融資しないという。

この部長がいる限りはと思っていて、しゃあないなと。

600億とあって、それがある程度清算になって、

それを快く思ってない人は中にはいるだろうし。

その部長も高齢だからある程度時間がたてば退職となって、

また関係性がリセットになってできるんじゃない?

と僕は悠長に構えてたんですけど。

どういうわけか、

その部長はまだ在籍してるのにOKという形になって。

もちろんうちの担当の社員が頑張ってくれたというのもあるんですけど、

実際に担当してる支店の担当者とか支店長が、

取引できるように計らってくれたというのも。

目に見えない協力者。

それこそ、おかげさまという力が、

働き始めたんじゃないのかなと思って。

 

(佐藤)そうね。素晴らしいね。ふーん。

 

今日は、ここまで。







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ