神業コンサルタント・・・15


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ



昨日は、佐藤康行からのアドバイスとして、

会長を教育していくことについての話を、

お伝えいたしました。

もしも、現実の世界で継承のことについて、

取り組まれていてる方が、

このブログに書いてあることを、

ご参考になりましたら、

嬉しいです(●^o^●)

 

今日は、その続きです。

 

 

スイッチが早い!!

 

(佐藤)全国の吉田さんと同業他社で、

業績ランクみたいなのがあるじゃないですか?

 

(夫)はい。

 

(佐藤)どういう営業をやってるかは分かるんですか。

調べれるんですか?

 

(夫)どういう営業をやってるか、ですか?

 

 

(佐藤)今言ったようにチラシだとか、

広告だとか、ネットだとか。

でも今、一番はネットだとおっしゃってましたね。

 

 

(夫)そうですね。どこの会社さんもそっちのほうに、

自社ホームページだとか、

そういうところにすごく力を入れてきてるんで。

そのデータなあ……。

探せばあると思うんですけど。

 

 

(佐藤)スタッフの○○君に聞けば、

ある程度、今やってるから。

 

(夫)探せばあると思いますけど、見たことがないんで。

 

 

(佐藤)でも、一番はネットなんでしょう? 

 

 

(夫)一番はネットですね。

 

 

(佐藤)どういうやり方してるか、分かります?

 

(夫)詳しくはそこまで調べたことがないんで。

 

(佐藤)でも、一番大事じゃないですか?そこ。

 

 

(夫)大事ですね。研究します。

 

 

(佐藤)うん。私はこのランディングページは、

相当いいと思ってるんだ。

 

(私)うーん。

 

(夫)うーん。

 

(スタッフ)ランディングページで見てもらったら、

いろんなのが出てくるので。

情報というか、何かというのがすごい詳しく。

 

(夫)そうですか。

 

 

(私)今度、自分の事業ホームページに、

全部、載っけていったらいいってことですよね? 

その関連してというか……。

 

 

(スタッフ)たぶんホームページは、ホームページで。

ランディングページは一つの商品とか何かをギュッと、

一つの長いウェブページみたいなのを作って、

そこに飛ばしていく、みたいな。

 

 

(私)ふーん。じゃあ、YSグループは、

そこに学長の本の内容を、

こうやってひな型に合わせて入れていく。

 

 

(スタッフ)そうそう。で、そこからずっと引っぱってくるみたいな。

リストを取って、さらに。

 

 

(私)へえー。すごい。

 

 

(佐藤)そうやってそれで反響で来た人を、

今度はどう教育でその人をクロージングまで持っていくか

ということの訓練ですね。

 

 

(夫)うん。

 

 

(私)すごい。学長に会社のコンサルをお願いしたいと言ったら、

 

出てきた話ですよ。あはは。

 

 

(佐藤)うん?

 

 

(私)先程、学長に「何か質問あるの?」と言われて、

今は夫婦でコンサルをしてもらってるという感じに近いんで、

「学長に会社としてのコンサルをしてもらいたい」

と、言った私の発言から出てきた話なんで。

ランディングページの話は。

 

 

(佐藤)そういうことです、そういうこと。

私はスイッチ早いんです、ピッと。

 

 

(私)ありがとうございます。

 

 

(佐藤)そこまで、きちっと、ひな型を作っときますよ。

で、この通りやったらと、誰か1人まずやらせてみて、

リスクないから。やってみて成功したら、

あとはみんなにやらせればいい。

 

(私)女性社員でもできるってこと。

 

 

(佐藤)誰でもできる。だって、その通りやればいいんだから。

 

(私)営業の女性社員とか、いるじゃない。

お留守を任されている女性社員とか、そんな。

 

(夫)うん。

 

 

(私)へえー、すごい。

 

(佐藤)そこにみんなをこうやって持ってこさせて。

リストだね、あとは。リストは多ければ多いほどいいです。

 

 

(夫)うん。リストですね。

 

 

(佐藤)リスト。私はこれだけの年齢行ってるけど、

 

常にね、例えば今、現代の最も強いもので、

勝負する癖があるんです。

 

世の中で最もいいのは何なのかを見つけて、

それで勝負する。戦争もそうなんです。

昔はチャンチャンバラバラでやったけど、

織田信長が鉄砲を用意したら、

織田信長が圧倒的に強くなったでしょう?

日本は軍艦が強い時に軍艦が一番だったけど、

今度は空軍になったら手も足も出なくなっちゃったわけ。

まさに今はネット社会だから。

今はやっぱり1番はネット。

だから、ネットを研究しない手はないんです。

もし、その業界でトップになりたかったら。

 

 

(私)先程も仰ってましたけど、

需要も自分で作ることもできて、

そんだけ最新の武器も持ってって。

 

(夫)うん。

 

 

(佐藤)なおかつ、そのまんま社員教育にもなるし。

その中で、できることならランディングページで、

クロージングしちまえば一番いいわけ。

 

(夫)うーん。

 

(佐藤)だから、営業マンがいらなくなるぐらいの、

いいものを作ればいい。

そこでクロージングしちゃうぐらいの。

 

(夫)うーん。

 

(私)うーん。

 

ここで、更に、夫の会社の給与体系についての、

質問がありました。

 

(佐藤)給与体系は固定給、フルコミッション?

 

(夫)固定給と、プラスα歩合給。

 

(佐藤)歩合給。

 

(夫)営業の社員と、間接部門は固定給の社員と2パターンですね。

 

(佐藤)ふーん。それはそれでいいんですね?

これからも。

 

(夫)そうですね。基本はそれでいいと思っています。

 

(佐藤)分かりました。あとは何かありますか。

 

 

(夫)いえ。宿題をたくさんいただきましたんで、また。

やっていくうちに、いろんなことに気づくと思いますんで。

まずはいただいた音声をもう一度聞き直して理解して、

それで分からなければ学長の講座に参加させていただきますんで、

その時に質問させていただければありがたいです。

 

(佐藤)紀子さん、どうですか。

 

(私)はい。盛り沢山で、

消化しきれないぐらいの。あはは。

11月から始まってますからね。

11月に最初に面談していただいて、12月で1月で。

 

今回3回目のコンサルタントで。

 

 

(スッタフ)変化もすごいけど。

 

(佐藤)何の変化?

 

 

(スタッフ)いやいや、11月末からの。

 

 

(私)で、今、3月ですけど。

 

 

(スタッフ)すごすぎますね。

 

 

(夫)うーん。

 

 

(佐藤)私のあれは、圧倒的に違うのは、

こういうふうになると乗り移っちゃうみたいですね。

 

(私)うーん。

 

佐藤康行のスイッチの早さ、

更に、常に最新の良いものを探し、

そこで、勝負する癖を持っている。

改めて、凄さを目の当たりにしました。

 

今日は、ここまで。







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ