神から見た甲状腺


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日、持病の甲状腺のことを書きましたが、

改めて、色々なことを振り返ってみました。

 

そもそも、最初のきっかけは、

結婚する前に、『甲状腺かも』という、

今回のように風邪をひいたタイミングで、

お医者樣からの指摘が最初でした。

ですが、当時、色々と検査をするも、

結果的に陰性でした。

 

その後、結婚を気に引越しをして、

たまたま、何かのタイミングで、

近所の病院で、

甲状腺を疑われて大学病院を紹介されました。

 

実際にその時は、CTの検査をして、

特に治療をするわけでもなく、

診断結果だけを持って近所の病院へ、

戻るだけでした。

むしろ、紹介した側の病院が、

細胞の検査はしないのですか?ということを、

聞いていたぐらいでした。

 

その後、遡ること五年前に、

風邪を引いたのですが、

何気なく、耳鼻咽喉科に行こうと思いました。

対して調べもしないで、

今のかかりつけになっている病院へ行きました。

 

実は、その病院は、ある意味、

甲状腺の専門でもありました。

風邪の症状を訴える私へ、

先生は、『甲状腺が……』と、

 

当時、私は、

 

『まただ、毎回、疑われるも

結果的に検査にばかり時間が掛かって何もないのになぁ』と、思っていました。

 

ですが、今思えば初めて、まともに検査をし、

ある意味、私に、甲状腺の病が、

確実に認定された時でもありました。

 

で、昨日、先生の話で、

気になることがありました。

 

『甲状腺を患って、二十年ぐらい?』

と、聞くではありませんか。

 

正直、ビックリ‼️

 

私は、『はっ?いやいや、未だ、十年にもなってません』

 

すると、先生は、すかさず、

『十年で、この大きさは早い、

この先、もっと大きくなるということを、

考えると、ご自身の年齢からして、

寿命を考えたら後、何十年も……』

 

要するに、大きくなり過ぎるから、

摘出するという昨日のブログの件に。

 

私は、あの後、

よーーーく、よーーーく、

我が身を振り返りました。

 

結婚前後に、病が勃発ということです。

特に、今の病院にかかり始めたのは、

2012年の8月なのですが、

実は、この当時、『ゲイの花嫁』は、

 

『きゃー、もう、信じられない😱

家の夫💢又、あんな所へ行って💢』と、

大騒ぎしていた時です(笑)

 

でも、確実に、この数年の私は、

真我に対する踏み込みは、

半端無い取り組みだったと✊

(勝手に自画自賛😅)

 

そういう事実を鑑みた時、

対峙の仕方によっては、

 

明らかに、私の、甲状腺にも変化が、

 

起こっても不思議ではないのかと……。

 

という仮説を立てました。

 

出れば消えるの法則。

 

まずは、佐藤康行が開発した、

要介護5から、現在のように、

歩く🚶‍♀️ことが出来るまで、

劇的に回復した、

 

『回復、進化ノート📔』を、

 

やってみよう✒️📔

 

 

 

今日は、ここまで。

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ