神からのボーナス💰・・・クォンタム・ジャンプ1日目🚀🚀🚀


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

クォンタム・ジャンプ、夫婦で行って来ました!!

 

まぁーーーー凄かった!!😱!!

 

 

 

始まって早々、佐藤康行の講話に、

頭はフリーズ状態で真っ白、

 

当然、メモ用のノートも真っ白💦

 

 

開始から、何やら

すごい予感MAX状態でした😃

 

 

 

 

大人数にも関わらず、佐藤康行による、

『真我』の引き出しパートあり、

さらに、佐藤康行に代わって、

一緒に受講している方の、

真我を引き出しをするパートもありました!!

 

 

因みに、テーマは、

 

『神から見た吉田紀子の人生』です。

 

何人かの引き出しをさせていただきましたが、

逆パターンもあり、受講生による、

引き出しも体験しました!!

 

その中で、佐藤康行に引き出された後、

促された先は、ナント、夫でした。

 

人生初、夫に真我を引き出されてしまいました!!

 

予想外😱

 

 

 

 

 その後も、ワークを繰り返す中、

引き出しワークの最後は、

私が受講生の真我を引き出す側にもかかわらず、

私自身の真我がダダ開き状態で大号泣でした。

 

 

その後のペアワークは、

今、自分の人生がどれだけ、

幸せなのかということを、

互いに、相手の方へ語るワークをすることになりました。

 

話はかみ合わなくても良い、

ただ、幸せな人生だったということを、

話すワークでした。

 

ワークに入る前に、

内観光受をすることになりました。

 内観光受

内観光受とは、佐藤康行の造語です。

 

真我が開いた瞬間に意識を向けるだけで、

その境地にいけるものです。

自分の真我がから、

溢れ出す『光』そのものでもあります。

 

受講当初は、少々苦手意識がありました。

 

しかしながら、追っかけ生活を始める中、

 

今では、すっかり、無意識、意識にかかわらず、

日常生活の中で、スッと入ることが出来るようになりました。

 

 追っかけの過程では、結構激しい体感を伴う『内観光受』を経験していましたが、

最近では、割と、終始静寂で粛々という感じが続いていました。

 

佐藤康行の、『はい!真我が開いた瞬間を思い出して』の、

声と共に、私は、いつものごとく、

 

『あ、はい、はい、内観光受……』

 

背筋を伸ばした途端でした。

 

『うん!?はっ……!!』

 

私の真我から、はっきりと、

感じ取れる人が顕れました。

 

それは、紛れもなく、夫の母でした。

そこから私は、

『お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、』

ただ、ただ、母を呼び、涙が溢れ、

さらに、

『お母さん、お母さん、お母さん』と、言わずにはいられな状態で、

母を思い、呼び続けました。

涙は止まることなく、

どんどん溢れ出てきました。

 

時間にすると、わずか、1分にも満たない状態で、

そういう境地なりました。

もちろん、未だかつてない、『内観光受』の体感でした。

 

休憩時間に、佐藤康行へ、その体感の話をすると、

 

良かったね!!もう、幸せになるしかないね😃

その心で、普段からも、お母さんに接すると良いよ』と、言っていただきました。

 

そう言われて、

『そうか、普段もその心か~』と思いながらも、

しばらくは、内観光受の余韻に浸っている状態でした。

 

その後、休憩を終え、1日目最後のパートになりました。

書くワークを繰り返し、質疑応答に入ったころ、

完全に、意識がぶっ飛び、しばらく、

うつらうつら状態?宇宙遊泳?

 

お約束通り、完落ち状態でした!!

 

 

だいぶ、時間が経った頃、

急に、目が覚めました👀

 

目が覚めた途端に、

あ~~、さっき学長が言っていたことはそういうことか!!

お母さんに出来なかったことを、

宏一さんのお母さんにしてあげればいいんだ😃

と、いう思いが出てきたのでした。

 

亡き母

私の、実の母は、10年以上前に他界しています。

 

生前最後の1年は介助が必要な状態での入院生活でした。

 

当時、離婚した後で、息子も幼かったため、

私は、母の介助や見舞にはほとんど、

行くことが出来ませんでした。

私が、病院へ行くには、

息子の面倒を誰かが見ないといけな状態だったからです。

私が母の介助をするのは、

よほど、父や、姉の都合がつかない時に、

親戚に息子を預け、

その時に出番が回ってくだけで、

頻度としても、数える程度だったと記憶しています。

 

最期に母に尽くすこともなく、

 

いよいよ、息を引き取るという時でさえも、

 

死に目に会うことが出来ませんでした。

 

夫の母への思い

講座終了間際に、

 

『亡き母に出来なかったことを主人の母にすることが、

さきほど、学長が言われていたことだと感じました』と、話しました。

 

 

すると、佐藤康行は、

 

 

『それは、神からのボーナスを貰ったと思ったら良いよ😃』

 

と、言ったのでした。

 

 

神のボーナスの詳しい解説は、また、後日。

 

 

神からボーナスをもらったのに、まだ、1日目。

 

恐るべし、クォンタム・ジャンプセミナー、

 

 

無限です🚀🚀

 

 

 

 

今日は、ここまで。



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ