睡眠欲と性欲


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ



今日は、珍しく、夫は仕事が休みです。

 

なので、久しぶりに、ゆっくり寝ました(●^o^●)

 

 

さて、今日は、昨年、佐藤康行から出された宿題について、

 

書きたいと思います。

 

そもそもの事の発端は、夫婦としてのバランスの悪さ、

 

私と夫の周囲で起こることが、真逆で、

真我を追究している視点から観ても、

ちょっとどうなのだろうか?というところから、

佐藤康行への質問、

結果、現在、個人コンサルをしていただく、

という流れになりました。

 

で、そのコンサルがスタートする前の、

 

長い面談の際に、言われたことが、

 

夫婦再生ということでした。

 

そのことについて、

 

2人で真っ裸で寝るということを言われました。

 

他の人から言われたことなら、

 

えーーー、とか、そんなこと、

 

ということがありますが、真我の開発者、

 

佐藤康行の言葉です。

 

その日の晩から、遂行しました。

 

が、それは、夫が思う、真っ裸で寝るでした。

 

本人は、それは、遂行していると思っていたのですが、

 

それは、違うだろうなぁと思っていました。

 

 

ですが、昨晩、自分の身を持って、

 

間違いだったと気づく出来事がありました。

 

夫が遂行していたことは、裸にはなりますが、

 

毛布にガチガチに包まって寝ている状態です。

 

私は、一応、『それは、学長と言っていることと違うと思いますが』と、言うと。

 

 

『だって、寒いんだもん』と。

 

 

ビックリ(@ ̄□ ̄@;)!!

 

それでも、まだ、偉いのは、

 

先日、私の実家で、泊まっていた時も、

 

一人、仏間で真っ裸で寝ていたということが、

 

今朝分かりました。

 

で、話は戻りますが、昨晩は、珍しく、

 

私が、早く、寝室へ行きました。

 

だいぶ、経ってから、ようやく、夫が寝室へ入ってきました。

 

そもそも、夫婦の再生と、言われる前から、

 

私たち夫婦は、夫の言葉を借りれば、

 

オカルトの世界に居たので、

 

普通の夫婦のように、

 

夫婦の性生活を営むということが、

 

とても、ハードルが高いのです。

 

まず、夫は、人間の最大欲求のうち、

 

異常なまでに、睡眠欲が高いです。

 

仕事がある日は、兎に角、早く寝る、

 

寝たい!!寝たい!!

 

ですので、

 

夕食後の入浴は、夫にとっても、

 

ひと仕事です。眠いから、明日、入るということは、

 

日常茶飯事です。

 

 

寝ることが出来れば、9時間でも寝たい。

 

寝ていることが、最大なので、

 

そこへ、性を持ち込むことは、

 

夫にとっては、妨害にあたるのです。

 

疲れることをする。

もっとも大事な、

睡眠に支障をきたす。

 

ましてや、仕事を盾にされれば、

 

無理強いは出来ません。

 

そう言う意味では、

 

いくら、佐藤康行に、

 

貴女は刺客だと言われても、

 

本当に、大変でした。

 

ある意味では、この何年もの間に、

 

何度となく、この、夫婦の性のことについて、

 

相談したり、助言をもらったりしてきました。

 

その都度、助言を遂行して、

 

やっと、夫婦の営みに持ち込む。

 

 

 

 

その、一過程を見て、夫が、ゲイだったから、

 

やっぱり、ゲイは元に戻らないという定義に、

 

あてはめようという人も、いらっしゃると思います。

 

ですが、

 

夫は、夫で、自分では、

 

相当、妻思いだと。

 

妻を愛していると。

 

だから、こんなにも、長く、一緒にいるのだと。

 

夫の中では、まったく、夫婦の営みが無いわけではない、

 

そういう認識をあったと思います。

 

 

ただ、昨日は、何かをきっかけに、

 

 

ハッキリと、きっぱりと、

 

夫へ言いました。

 

『学長が言っていることとは違うよ』と。

 

そして、私も、珍しく、夫へ、

 

今、自分が感じていることを話をしました。

 

『今まで、色々やってきて、その度ごとに、

 

色々、でも、考えてみると、そういう事に関して、

 

10年以上も費やしている。一体、何なんのか?

 

 

私にこれ以上、どうしろと?身体も、心、枯渇状態です』

 

 

 

言いたいことを、言ってみました。

 

 

直、アドバイスを聞かない、

 

夫に業を煮やし、

 

珍しく、話しをしたのでした。

 

 

11月28日にアドバイスを貰ってから、

 

実に、1か月以上経って、

 

ある意味、初めて、

 

佐藤康行の助言を遂行したのです。

 

(因みに、性行為はありませんが)

 

で、どうだったか?

 

今朝、仕事ではないのに、

 

いつもの、時間にアラームが鳴りました。

 

夫が、自ら、止めて、

 

一言。『あれ?いつもと違って、サッと起きれた』

 

 

夫は、どんなに、寝ても、毎朝、起きることが、

 

何よりも、しんどい。

 

常に、もっと寝たいという欲求が勝るのだと。

 

足りない、足りない、恐らく、

 

睡眠が足りないと思っていたのだと思います。

 

ですが、明らかに、

 

今朝の目覚めの違いを、

 

感じたようです(●^o^●)

 

 

自分では、睡眠が一番、睡眠こそが、

 

自分が欲していることであり、

 

大事だと思っていたが、それは、

 

自分の思い込みに過ぎなかったということを、

 

 

感じたようです。

 

後、夫自身の、

身体の変化がありました。

(このことにうついては、また、次回詳しく)

 

そして、もう一つ、前から、感じていたこを、

 

今朝、夫へ言いました。

 

『あなた、嫌いな人が多いでしょう?だから、

 

私と一緒に居ても、潜在意識の中では、

 

その嫌いな人と、私との区別は無いんだよ』と、

 

言ってみました。

 

そのことに関しては、

 

とても納得している様子でした。

 

 

また、佐藤康行の助言を遂行して、

 

分かったことが、あったら、ここで、

 

公開したいと思います。

 

 

今日は、ここまで。

 







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ