真我で生まれた生命


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日は、飛神覚醒会でした。

その場では、私にとって、ものスゴイ、縁のある方が、

久しぶりに参加していました。

 

このブログの最初の頃にもお伝えした、

アルコール依存、薬物依存、ゲイの研究会に登場していた、

薬物依存の当事者でもある男性の方でした。

6年前の当時は、お子様がいらっしゃらなかったのですが、

今ではお子様が二人もいらっしゃいます。

昨日は、その方が質疑応答の場で、発表されました。

 

 

『佐藤康行が居なかったら、子供は生まれていない』と、

 

はっきり仰っていました。

 

そのお話を聞いて、思わず、涙がこぼれました。

 

研究会当初から、ご一緒して、

そのいきさつを見ていたので、

本当にそうだなと改めて感じました。

 

以前、その方がご夫婦でお子様とご一緒に、

佐藤康行のフォローの場に参加していた時がありました。

その時は、奥様のお腹の中には、

お二人目の命が宿っている時でした。

その時、小さなお子様は、フォロー会場の場を、

トコトコと歩き回っていました。

 

そして、佐藤康行の傍へ行くと、

まるで、すべてのことが、分かっているかのように、

『ありがとう』と、言ったのでした。

 

 

昨日、飛神の場で、佐藤康行がその時の話をしたのですが、

 

研究会当時のこと、お子様が佐藤康行に、お礼を言った時のこと、

 

一気に、当時の記憶と情景までが蘇りました。

 

また、昨日は、特に、質疑応答の発表の中のお話しは、

 

真我によって、この世に生を受けた話が多かったです。

 

お子様だったり、お孫様だったり、

 

本当に『真我の生命』の話ばかりでした。

 

 

いろいろと、感じることが多かったです。

 

 

その、感じたことについては、

 

また、改めて、このブログで、

 

お伝えしたいと思います。

 

 

 

今日は、ここまで。

 

 

 

 

 

 

 





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ