癌だけは治せない


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

先日、姉から、父の経過報告がありました。

結果は良好でした。

 

昨年、7月に3回目の手術をして以来、

今のところ、とても順調です😊

今、振り返ると、

初めて、手術をするといった時には、

父の癌を治すことだけを目的に、

YSこころのクリニック🏥へ連れて行ったり、

しました。

 

その後、父、姉、私と、

医療のセミナーを受講したりしました。

ですが、昨年、2回目の手術から大して、

間を空けずに、再発という事で、

手術の段取りが進む中、

姉が、佐藤康行のところへ、連れて行き、

面談ということになりました。

今、思えば、父の面談以降、私自身の流れが大きく変わったと思います。

 

この長年、何をやって来たのか、

実家の父、夫の両親へ、

話しをして、ようやく、夫の両親も、

佐藤康行のところへ挨拶へ行くことが出来ました。

 

すべてを、伝えたからこそ、父の癌にも、

変化が現れたと思います。

 

真我で病の状態が変化することは、

本当に沢山の実証があります。

ですが、病院🏥で癌だけを切るような、

対処療法とは違うのです。

 

言い換えるならば、『癌だけは治せない』のだと思います。

 

今改めて見れば、私は、夫と結婚したからこそ、真我をここまで追究して来ました。

また、『ゲイ』だと言う、夫だったからこそ、ここまで必死だったのだと思います。

 

そして、明らかに、姉は、私が夫と結婚しなければ、真我に出会っていなかったのです。

そう捉えると、吉田家に嫁いだからこそ、

姉も、真我に出会え、父の癌も根こそぎ変わったのです。

 

まさに、これこそが、

佐藤康行が言う、『満月吉報』

吉田家のお陰、ゲイのお陰なのです。

 

癌だけを治す事を目的にするのではなく、

 

真我では、癌になるおおもとに、

手をつけることをするのです。

それも意識の世界で出来るのです。

 

その結果、癌が、消えるのです。

 

そして、あらゆる事が好転するのです。

 

 

今日は、ここまで。

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ