男になりなさい!!


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

 (昨日からの続き 2013年1月14日(月)音声リライトより)

 

(佐藤)極端な話しね…これは、極端な言い方だけど、

「男になれ」って言ったら、男になるぐらいの気持ちになってやる。

それぐらい、何でもやってあげられる。

 

 

(私)えっ……、はぁ、それは、あれですか?主人が望んでいるっていう意味で…?

 

そう、答えるものの、その瞬間から、正直、私の頭の中は理解不能な状態でした。

この人、(佐藤康行)一体、私に、何を言っているのだろうか?

いつも、「男は男、女は女、男は一秒も女になれないって言っているではないか、

それを、私に男になれって!!この期に及んで、私へそんな助言をするのか……。

そんなに、(夫が)男がいいならって、普通は、夫へ対して、何か、助言をするものではないのだろうか……。

それなのに、何で、私にそんなことを……。

 

 

そういう思いが心の中で、渦巻いている間、佐藤康行の話は、どんどん前に進んでいきました。

 

(佐藤)うん、それに対して、応えてあげるんです。私はね、ある意味じゃあ、吉田さんの救世主だとも思うんです。

吉田家の。だったら、そこになりきるんです。私は、その為の姉さん女房だと思っているし、その為に、一回、子供を授かっていると捉えている。

そしたら、私の読みが大当たりになる。更に、更に、大当たりになる。私の読みが大当たりになった方がいい訳ですよ。でしょ?いいでしょう?その方が。

それがある程度、回転してきたら、いずれ彼が本当に普通になってきたら、今度は、逆になればいいんです。

今度、あなたの望んでいることを彼が聞いて。で、それをやれるようになった時に、相当もの凄い劇的変化ですよ。今は違うんです。

今は、彼女が彼の(望み)を聞いてあげるところから出発する。当然その中に、今の逆の場合になそうなっちゃう場合もあるのよ。

「いや、あなたの望むことを俺はやってあげたいんだって」っていうふうになるかもしれない。

そうなったら、それも望みを叶えているのよ。だから、そういう意味も全部含めて聞くんです。聞いて、それをやるんです。どうですか?

 

(夫)はい。やります。

(佐藤)分かるような気がします?

(夫)はい。

(佐藤)どう?分かるような気がします?

 

 

(私)……。うーん、言わんとしている事は、すごく……。

(佐藤)うん。反応は彼の方がいいよ、今。

 

当時の私は、その一言を答えるのが、精一杯というか、取り敢えず、答えているという程度のことだったと思います。

 

むしろ、「男になれ」と言われた瞬間から、私の心の中は、到底理解が出来ないという思いで一杯でした。

つい先日までは、夫へ対して、神に逆らっていると言っていた佐藤康行が、今度は、私に対して、「男になれ」と、言われるのです。

 正直、混乱していました。

 

私は、夫のゲイ専用の風俗通いで、思い悩んでいるのに、この期に及んで

「男になれなんて……」私は、そんなことまでしないと、夫と居られないのか……?

怒りなのか、腹立たしさなのか?惨めさなのか?今まで、味わったことのない感情が渦巻いていました。

 

やり場のない、私のその感情は、次第に夫に対して向けられて行きました。

 

『この人、妻である、私が、男になれと言われているのに、何も感じないのか?私へ対して少しでも申し訳ないとか、何かないのか?』

 

更に、佐藤康行から、「反応は彼の方がいいよね」と言われ

 

『それは、そうだろう、反応がいいに決まっている、私のように、成れないものに成れと言われている訳でもないのに……』

 

そういう思いで夫を見ている為、夫が、反応よく、返事をする姿は、無責任に返事だけをしているようにしか、私には見えなかったのでした。

 

 (明日に続く…)



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ