生命の脳のお話7・・・ピタッと止まる


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

 昨日、夫も、私も、『別の意味でもぞっとした』ということをブログでお伝えさせていただきましたが、(詳細 ↓↓↓)

 http://gay-hanayome.com/生命の脳のお話・・・本当にあった怖いこと/

 

今日は、そう感じた理由を、面談時の音声リライトからお伝えさせていただきます。『佐藤康行から、仕事よりも大事なこと。優先順位の一番、仕事の代わりは、いくらでもいるという』一昨日の音声リライトの続きからお読み下さい。

(一昨日の続き)

 http://gay-hanayome.com/生命の脳のお話・・・耐えられないこと/

 

 

(夫)はい。

(佐藤)社長、経営なんか、誰かにやらせてもいいぐらいなんですよ。社長がそれだけの人望があって、人間ができてたら。私なんか、何もやってないじゃない?

 

(夫)はい……。

 

(佐藤)だから、そっちじゃないんです。優先順位1番です。何回も何回も言う。1番ですよ、優先順位。

 

(夫)はい。

(佐藤)あらゆる手を使ってでもいい。どんなことしてもいい。とにかくそこなんです。どんな反則、使っても何してもいいから、そこが1番なの。2人がOKだったら100%。そうよ。

どんな変態であろうが何だろうが、2人が100%だったらそれでOKなの。別にそれ以上ないんだから。人がどう思うとか世間体がどうは関係ないんです。

今までの習慣も関係ない。何でもありです。私の発想は何でもありの発想なの。この本当に大事なことをやるためには何でもありなの。みんなが幸せになって、幸福になれば。

私はさっきこっちの社長のアドバイスん時より、こっちのほうが熱入ってるでしょう? こっちのほうが厳しいでしょう?

 

 

(夫)正直、言っていいですか? 怖かったですし。何か、息子の気持ちが正直、分かりました。

 

(佐藤)ああ、そう。やばいですよ。

(夫)なんか僕と同じことをやってるなっていうか。今、学長と、言われたことが自分の正直な気持ちと向き合ったときに、今、息子も同じ気持ちだろうなと。

本人じゃないですけど、言いきれないですけど、分かったような気がします。

(佐藤)うん、そうね。600億の借金だとか、銀行の融資だとか社員の業績が良くなったとか。それだけじゃない。彼女そのものもいないんですよ。

当然、息子もいないし。いないんですよ。全部ないんですよ。もちろん私もいないんです。親も何も分からないで。

「何でだろう、何でだろう、何で、結婚しないのかな?」ってなるんです。

 

よっぽど腹据えなきゃ、前のパターンでは無理だってこと分かったんだから。それこそ肯定とまさに否定ですよ。今までのやり方じゃ駄目なんです。否定する。全く新しく。

 

(夫)はい。

 

(佐藤)2人がOKならOKなんですよ。もう、あらゆる面で間に合わなくなりますよ。もう全ての面で時間がないです。

 

(私)私たちが思ってる以上に、息子は相当危ないのかな………。

 

(佐藤)そういうことです。あらゆる面でですよ。今までこうね、バババーっと上手くいっていたのが、ピタッと止まる。

 

今度は、それが会社に来てもおかしくないし、いろんなものに来てもおかしくない。吉田さんにまつわる全てのこと。すぐ結果が出やすいものに、それは出てる。

 

(明日に続く……)







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ