生命の脳のお話10・・・時期が来たら終わり


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

(昨日からの続き)

http://gay-hanayome.com/生命の脳のお話9・・・『ゲイに花嫁』行く末/

(佐藤)彼女を愛せば、もう完全に、心のある魂、自分の子そのものになる。そうなったら、今ならもしかしたら間に合う部分があるかもしれない。ずいぶん時間がかかったですけどね。でも、ないとは言えないし、次の2人の子。ないとは言えない。

でも、一刻の猶予もない。ある時期が来たら、チャンチャンで終わりますよ。もう何を叫んでも無理。私にいつまでも、そんな人の寝床のこと言わせないでよ。

 

(夫)すいません。

(佐藤)いいとこ取りしちゃ駄目ですよ。何かあったらどうぞ。他、ありますか。よろしいですか?

 

佐藤康行から聞かれた、私は、以前にも、息子が、無断で学校を休んだり、塾へ行かない同じようなことがあった時のことを話しました。結果的に、その時も私自身の変化で、急に、息子が自動的に変化した時があった。

そのような問題で、心配することは無いと思っている矢先に起こった出来ごとだったこと。

一通りの話しを聞いて、息子の原因がよく分かったということをお話させていただきました。

 

すると、佐藤康行は、さらに、このように続けました。

 

(佐藤)不安でしょうがないんですよ、深い所で。不安で安定性がないんですよ。その不安を消して安定させるなら、完全に2人が夫婦になりきって彼の親になりきること。そうしたら安心しますから。

 

(夫)正直僕、怒れなかったんですよね。なんか自分を見てるようで、やってることが。自分の深層心理で思ってたことが出てるんで。

(佐藤)そういうこと。

(夫)やっちゃいけないことだって、人との約束破っちゃいけないことだって、学校の先生なり塾の先生なり、親なり。分かってるんですけど、怒れなかったんですよね。自分だなと思ったんで。

(佐藤)うん、そうね。怒れるようになりましょう。ぜひね、今日はこのぐらいにしますから。あんまりいっぱい言いすぎたらあれだから。ぜひ、吉報をお待ちしてます。

 

 

(面談終了)

こうして、2時間ちょっと、面談は終わりました。当初、悩みの種だった息子のことに関してですが、佐藤康行が話す、『不安で仕方が無い~』という件の話しを聞いた時に、実は、私自身の中で、大きく思い当たることがありました。

明日は、そのことについて、お伝えさせていただきます。

 

(明日に続く……)



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ