父・真我のきっかけ・・・6


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、昼間のブログ更新が出来ず、

バタバタしていて、失礼致しました。

昨日の続きを公開します。

 

 

昨日は、YSこころの、

クリニックの所長が、実例の一つとして、

所長ご自身のお身内のお一人の方のお話をしていただいた際に、

そのご家族の方と父の性格が似ているということで、

思わず共感して父が笑ってしまっているところまで書きました。

今日は、その続きをお伝えします。

 

 

※所長のお身内の方は、癌を患っている中で、

手術前にYSメソッドを受講しています。

 

(所長)うちの身内の◯◯なんですけど、なかなか人前に弱みを出さない。


(父、所長)あはははは!

 


(父)その気持ち、なんか分かるような気がしますね。


(父、所長)あははははは。

 


(父)強がりを言ってるほうですからね、やっぱり。


(所長)うちの◯◯は、1人で居るんで、やっぱり1人だと弱気になるんですね。

心配になったり、いろんなことを思うわけです。

それはそうだと思います。そしたら、彼女は結局、不安といっても、

表現できない不安感というものがあったらしいんですけど、

YSメソッドで、そういうのはなくなったという。

これがいろんな意味で大きいですね。

 

手術は予定通りしたんですけど、


だから、彼女は「素直にやってよかった」と言いました。

「別に、いいよ」とはねることもできたんです。

それは彼女の生き方だから。

でも、ここは「そこまで言うなら」という感じでで。

でも、「やってよかった」というのはなぜかというと、自分の中に人生何年も生きてきてると、

様々な思いというのがありますよね。
その思いというのは、

例えばそれが「何であんなことになったんだろう」とか

「どうしてこうなんだろう」とか「もっとこうしときゃよかった」といろいろあるんですけれども、これが悪いことじゃないんです、

全然。なぜかというと、自分を愛してるとか、もっとよく生きたいとか、

周りの人のためにとかって思う源泉がそういう思いやりというか、そういう心のもとの上に成り立ってるものです。


ただ、これが多くの人は、そこのところだけつかむんですね。だから、後悔をするんです、皆さん。

「あの時、ああしとけばよかった」「もっとこうだったらよかった」というふうに。

でも、ほとんどのケースは取り返しがつかない、今さらどうにもならないと思うんですけど。

一つ面白いのは、取り返しがつくんです、心だけは。

時間も肉体も命も、何も取り返しつかないですけど、心だけは取り返しがつくということが、

ものすごくある意味(YSメソッドで体感出来るところが)画期的というか。

だから、同じ状況下にても、

不安の度合いが激減する。

心配の度合いが激減する。

そうすると、不思議なことに体というのは、免疫力がどんどんよくなったりとか、

自分が思わないスピードでなっていくというのが、ものすごく大きいことだと感じるんですよね。

 

今日はお時間いただいて、お越しいただきましたけれども。


(父)いえいえ、そんなことないです。


(所長)そういうのが現実にあるというのが、このスケジュールはお父さんが決められたスケジュールですから、そのままされたらいいと思うんですけれど、もしチャンスがあれば、そういう心の部分のアプローチというのもいいかもしれないです。

 


(父)むしろ、アフターケア的なことになってしまいますのでね。そういうことで、私は本当に心療内科とか精神的なものとかは縁遠かったものですから。


(所長)そうですね。


(父)少なくとも自分の肉体が正常に動ける範囲は、自分で何でもできるという考え方を持っておりますもんですから。

肉体が中心的な問題で、精神的にはどちらかといったら、私はそういう点では、精神的なものを否定はしてないんですけどね。仏教神道なもんですから。


(所長)ああ、そうなんですね。


(父)ええ。そういうことでは、特に信仰心もないわけじゃないんですけどね。

ですから、体と心、いわゆる精神的なものというのは別の問題だという捉え方も自分ではしているんですけど。


(所長)なるほどですね。


(父)ですから、おっしゃってる意味はよく分かるんです。ただ、いかんせん昨日の今日ということで、お話ししてますから。

また、自分にはそういう相手のあるスケジュールも組まれちゃっておりますんで。


(所長)そうですね。


(父)ええ。しかも明日はその準備の第1門が待ち受けてるもんですからね。

そんな関係で、そちらはそちらでスケジュール通りにやっていかなきゃならないんで。

 

明日に、続く…。

 

改めて、振り返ると、

私自身、色々なことが思い返されました。

 

ある意味、人生において、

もっとも重要なことです‼️

 

その事については、また、ゆっくり、書きたいと思います。

 

今日は、ここまで。

 

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ