父への告白・・・4


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日は、父へ、今まで、何をやってきたのか?

いろいろな誤解をされていることについての真意を、

父へ話ました。

今日は、そもそも、佐藤康行と夫の最初のきっかけについて、

話をしているところをお伝えします。

 

夫と佐藤康行との関係

(私)あの佐藤先生がやってることというのは、

本当の自分に目覚めることを目的にしか、

組織という表現が正しいかどうか分からないですけれども、

それのことだけを目的にやってる所なので。

もともと事業家だった先生も70店舗ぐらいあった店を、

ただ同然で手放したというのは、それだけ人間には偉大な力があるということを発見されて、

 

それが人間誰にでも、その力が備わってますよということだけをやってこられている所で。

 

それで、ずっと宏一さんも独身の頃から。

私がまだ出会う前の話なので、最初に出会った時に宏一さんが、

今まで(ゲイ)関して誰にも話したことがないということを全部お話されて。

 

そしたら先生は一言、「吉田君は元の性に戻りたいと思うの?」と聞いたら

 

「戻りたいです」と。

 

「こんな状態で誰にも言わずに生きていくのもつらいし」と言って。

 

「その気があるんだったら、ちゃんと元に戻りますよ」といったところからのスタートで。

 

だから、ずっとそういう意味では、どうやったら座学で魂をつなぐとか、

座学で命をつなぐなんていうのも無理な話で。

 

あとは自分でそのことに、ちゃんと人間にはそういう力が、

自然治癒力があるのと一緒で、心にもちゃんとあるんですよということを、

 

やり方は教えるけど、あとはやるかどうかは自分次第だということを、

実はこの何年もやってきて。

 

ずっとその話をしないままだったので、去年いきなり「東京に滞在する」と言って、

同業他社の小泉社長様のところに、実際にお邪魔させていただいたんですけれども。

もちろん、それだけの目的ではなくて、最後の最後、もしかしたらあわよくば、

私たちにも子供ができるかもしれないという思いで、

実際にその東京滞在もしようと思ってしてたんですけれども。

 

あまりにも今までそうやってゲイを治す研究だとか、

そういうことを何も話をしてこなかったので、

宏一さんとしてもたぶん、こう言っちゃあ、あれですけど、

小泉社長をだしに使うつもりはなかったんですが、

そういう理由で東京に行くしかなかったというのと。

 

 

ただ、去年の5月の時には、「〇〇の事業を始めたい」と言ったので、

当たり前ですけれども、まるで今までやってきたのは、

家業とは全然違うことにばっかり没頭してたんじゃないかと

いうふうに思われても仕方がないと思うんですが。

 

やってきたことっていうのは、全然そんなことじゃなくて、

 

どうやったらちゃんとお父さんとお母さんと、

おじいちゃんとおばあちゃんとご先祖様がつないできてくれた命を、

一時の感情や、そういうものからどうしたらつながるのかという、

それだけしか実はやってきてこなくて。

 

やってきたからこそ、もちろん今では、

「会社を辞めたい」なんていうことも言い出すことも一切ないですし、

そういう本当に持って生まれて、生まれつきで一生治らないと言われているものさえも、

 

言ってみたら全部ちゃんと継承できるようになったというところに行きついたというのは、

それは医療から見てもあり得なえいことらしいんです。

 

でも、それをずっと実はやってきたというのを今まできちんと話もしてこなくて。

でも、話もしてこないと、いろんな誤解もされてしまって、

宏一さんとしても、お父さんとお母さんに誤解されるのだけはたぶん心苦しいと思うんです。

 

ましてや、何年もお世話になってる田中先生のせいで、

まるで新しい事業をやり始めたと思われることも非常に心苦しいし、

正直この1年以上はどこから何から話したらいいのかが分からないという状態で、

今日に至ってしまって。

 

ただ、本当にずっとやってきたことというのは、そういうことだけで。

 

逆に言うと、それはお父さんもお母さんも、

おじいちゃんもおばあちゃんもご先祖も当然ですけど、

命がつながらないのがよかったのかそうじゃなかったのかと言ったら、

 

そんなことは絶対ないはずだし……。

 

 

もちろん、(お父さんとお母さんが)

望むことだけしか実はやってきてなくて。

 

ただ、そんな話は誰にでも話す話じゃないと思いますし、

せめてお父さんとお母さんだけには分かっといてもらったほうが。

これから宏一さんが会社を継いでいく以上、

せめてお父さんとお母さんには真実を分かっといてもらえたらという……。

 

 

 

 

 

 

今日は、ここまで



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ