父、佐藤康行との面談・・・3


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日は、京都講演会でした。

京都駅前の会場にはビッシリと人が集まっていました。

体験発表は、事実、実例、証拠、証人ということは、

いつものことなのですが、

今回ご本人が登壇して発表するだけでなく、

 

現実、『YSメソッド』を、

介護施設で取り入れ、介護施設を経営している方が、

スライド、動画を準備して、発表して下さいました。

体験発表というより、むしろ研究発表そのもののように感じました。

まさしく、人間の治癒力の凄まじいものを、

目の当たりにする実例が沢山ありました。

 

また、一歩、真我、満月の法則が、

世界のスタンダード🌏になる、

そのような機会だったのだと思いました。

 

さて、昨日のブログでは、

父が、まさしく人間の治癒力の話しを、

佐藤康行から、聞き、単に癌がキレイになっただけでなく、

その方の取り巻く環境までが、

一気に変わるところの話まで、

お伝えしました。

 

今日は、その続きを書きたいと思いますが、

その面談中にある方のお話しが出て来ます。

度々、このブログでも書かせていただいた、

ゲイだった男の高橋尚之さんのことです。

昨日、講演会の会場で久しぶりにお会いしました。

実は、実家の父が面談をしていたその日に、

高橋さんも佐藤康行と面談だったそうです。

今日は、高橋さんの、話しが出て来ますが、

ブログで公開することを、ご本人に、

事前に了承していただきました。

 

また、父の面談の様子を公開後、(数日後だと思いますが)

高橋さんのことも、お伝えしたいと思います。

 

 

癌が簡単に治せる力

 

(佐藤)「全部、真我のおかげ」と思ってるわけ。

真我は自分ですから。こういう話、実はいっぱいあるわけです。

人間には見えない偉大なる力がある。

その偉大なる力、

癌なんて軽く治せる力があるわけ。

ここではうつ病とかいろんなもの治してるんですけど

でも、うつ病はだいたい90.9%の確率で寛解してる。

私が直接やらなくても。

 

癌の人もだいぶん扱ったけど、だいたい五分五分ぐらいです。

そういうのを信じられない人は治らないです。

見事に死んでいきます。そのまんま真に受けた人は、

本当にきれいになくなった人もいっぱいいます。

だいたい半々ぐらい。

 

だから、最初の姿勢が大事なの、スタートが。

全く今までの発想と違うから。

だって、自分を信じるという意味ですから。

別に私を信じるんじゃないんです。

私は「あなたがすごいんだ、神だ」と言ってるだけなんです。

その姿勢だけなの。

 

妹さんがえらい熱心にいらっしゃって。

もう知ってらっしゃるね、ゲイの人と結婚して。

でも真我は、神は男と女しか創ってないわけです。

だから、絶対本来になったら戻るはずだという前提なの。

 

 

話は違うけど、吉田君の影響を受けた人がいるでしょう? 

高橋君。ゲイで。しばらく離れてたけど、今日来ましたよ。

 

「もう一回やり直したい」って。

 

 

(姉)ああーー。

 

 

(佐藤)もう来ないと思ったら、今日来ました。

 

「本当に、佐藤さんの話を聞いときゃよかった。

聞かないでいて苦しくなってしょうがなくなったんで、

今日、来ました」と。

 

 

(姉)ふーーん。すごい。

 

 

(佐藤)「だって、そうだろ? あんた、ここに来て、

吉田紀子さんのブログを見て。そして私の所に来て、

そして○○○○の仕事をやって。

で、あんた、

来なくなったということは、

私を裏切ったということなんだよ」と言ったの。

 

「何で東京にいるかっていうと、

別に東京に来たいから来たんじゃないでしょう? 

ゲイを男に戻したいから来たんでしょう?

 

だから、私が沖縄にいたら、

北海道にいたら来るでしょう? 

だから違うんだ。目的を、ちゃんとそこをやらなきゃ、

ピントをずらしちゃ駄目なんだよ」と。ボロボロ泣いてました。

たまたま今、吉田さんのあれだから、

 

「今日、同じ日だったな」と思って、

 

今、思い出したんです。

 

 

(父)そうですか。

 

 

(佐藤)だって娘さんは2人とも、

これぐらいされてるんですから、

私はお父さんに奇跡が起きると思います。

ただ、「海の水を全部あげる」と言ったって、

コップしか用意してなかったら、

あとはみんな溢れちゃうわけです。

ケツを用意したら、バケツ以外は全部溢れちゃう。

タンクローリーだって溢れちゃうわけ。

 

でも、海の水をそっくり受け取ったほうが速いわけです。

そのまんま「私のもの」とやったほうがいいわけ。

でも、癌を消すんだと、元を消すんだと、

根っこを消すんだというのは、命が懸かってるわけです。

命が懸かってるから、嫌でも真剣にならざるを得ないわけです。

 

私の話を、受け止め方が嫌でも、そのまんま死んじゃうのか、

それとも生き返って元気になるのか、

どっちにしますかという話なんです。

どちらでも好きなほうを選んでくださいって話なの。

100%自分が責任を負うだけですから。

 

娘さんに私、今回「来てほしい」なんて、

一回も言ったことない。

全部、彼女の意思です。

 

とにかく、お子さんはそれぐらいすごい、

信念の持ち主だってことは間違いないです。

そういう思いがあったから、

ここにいらっしゃると思う。

それは親にとって、

こんな嬉しいことはないと思う。

ある意味じゃ、自分以上にすごいとなったら、

これは親にとって最高の親孝行ですよ。

と、私は捉えます。

 

 

(父)うん。

 

 

(佐藤)だって、親は先に死んじゃうんだから、

子供が自分より立派になったら、

こんな嬉しいことはないです。

追い抜かれて嬉しいのは子供にだけです。

 

 

(父)ほんとですね。

 

(佐藤)うん、そういうことです。

そういう娘さんの言うことを聞くか、聞かないか。

そういうことですよ。今、うなずいてるんだから、いいんです。

魂的にはすごいんですよ、お2人とも。頭でもないし、

年齢でもない、何でもないんです。

魂的に、です。すんごいお子さんを2人持ってるんです。

 

その娘の言うことを聞くかどうか。

どっちだったら後悔しないか。

 

そういう話なんです、今日は。

 

嫌でも真剣な話なんです。

命懸かってますから。

愛する娘だから、そのことを聞いて死んだら、

それは結構だと。

それぐらいの気持ちが大事だと思います。

 

別に医者は行っていいんですよ、今まで通り。

 

ただ、真我に懸けるかどうかなんです。

 

どっちを取るかという話じゃないです。

 

全然目的が違う。医者はこんなもの、治せません。

そんな人はいません。

根っこを取れる人なんかいません。

 

でも、再発がその例なんです。

一回こうよくなったように見えても、

また再発する。また再発する。

それを繰り返していく。

 

その進行が早まったら、

早くあの世に逝くということです。

 

それは全部、自分の判断なんです。

少なくとも娘さんたちは、

こういう判断をしたんです。

お姉さんは妹さんの影響もかなりあると思います。

彼女の真剣な姿勢で。

 

もしかしたら、

時間を逆さまにしたら、

 

お父さんを救うために彼女は熱心に来てたのかもしれない。

 

いや、時間を逆さまにするとですよ。

 

まるでこれを予知してたかのごとく。

 

夫のためというより、実はお父さんのためだったと。

 

どちらでもいいわけです。

 

娘に負けないぐらい、この真我に取り組む。

 

例えば、この話を聞いてるだけでもいいんです。

別に何をするわけじゃないです。

それを頭で分かったと言わないで、

この魂に響くようにしていって、

細胞が動き出すようになる。

私の話はそういう話です。

細胞に、魂に届く話です。

 

また、それ以外のことはしたくないし。

理論理屈なんか、しゃべりたいとも思わないし。

 

DNA的には、そのはずなんです、

娘さん2人を見てると。

トップクラスですよ、

魂的に。

 

そういうことを理解しようという姿勢は。

そういう見方をする人ってのは、

あまり世の中にいないわけです。

私はそういう見方しかしないから。

 

私が「最も魂的にレベルが高いですよ」と言ってるのは、

 

一番嬉しいのはお父さんのはずなの。

そういう話なんです。

絶対自分を褒められるより、

子供たちが褒められるほうが嬉しいはずです。

 

 

(父)おっしゃる通りです………。

 

明日に続く……。

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ