母の言霊


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日から、母の言霊が頭から離れません。

 

『佐藤学長にお礼を言わないで、お父さんを死なせないで欲しい』

多分、急げと💨言われているようです。

昨日のブログに書いてから、

より一層感じます。

母は、残された、父、私達姉妹、息子、

そして、何よりも、私の夫の身、夫の両親のことも案じているのだと思いました。

 

以前、よく、佐藤康行から、

言われていた言葉がありました。

 

『誰が分かろうがいいんです。分かった人がやれば良いのだと』

 

ホントに、そうだと思います。

分かった、私がやればいいのだと。

 

もともと、夫の父と母が揃った時に話そうと思っていましたが、同時に時間が取れることを待っていたら、いつまで経ってもその時は来なさそうです。

なので、先ずは、母の所へ行って来ようと思います。

そうすれば、きっと、天が、先祖が応援📣を、

してくれるはずです。

 

実は、来月の9月5日(火)は、

飛神覚醒会があります。

 

夫は、東京で受講するべく、段取りをしていました。

 

私は、てっきり、Web参加かと思っていましたが😅

 

その日までには、すべてを話すことが出来ましたと、

佐藤康行に、報告が出来るようにします。

 

今までやって来たことは、生命を繋ぐこと、

魂が繋がることでした。

それは、もっとも、先祖が臨んで来たことでした。

 

結果的に、父が最大に臨んだこと、

父が興した会社も継ぎ、会社の大借金も清算され、あり得ないところから融資が受けられたのです。

だからこそ、私も息子も何不自由なく生活させていただけたのです。

 

真我を追究するということがどういうことなのか、改めて、母の言霊を聴き、

振り返ることが出来ました。

 

今日は、ここまで。

 

 





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ