欲情してくるね!!・・・抵抗している相手は自分


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

 夫は、どうして、一定期間で驚くほどの変化を遂げたのでしょうか?かつての、夫は自分自身の性に疑問を抱いていました。

それが、佐藤康行との縁により、父へもカミングアウトし、結婚もしました。さらに、到底、自分では、考えつかない提案を受け入れ決断したのです。

今まで、色々なことを隠す、夫から、父へも、「子作りのために、東京へ滞在する」ということを、

父へ願い出るということは、夫のみならず、父にしてみても、想像もしないようなことでした。

一つの、言動から、実際に行動を起こすことにより、他のところへも、波及していったのです。

これは、あくまでも、私が思うことですが、この頃、辺りから夫と父との関係が変わったように思います。

結婚当初、家族で集まる機会があっても、夫は、自ら何か言葉を発するということが殆どありませんでした。

父は、家族それぞれに、近況を尋ねることはあっても、夫は、どこか、必要以上に会話をしないという感じでした。

父は普通ですが、どちらかと言えば、夫が、何か見えないものに抵抗を示している感じでした。

今、振り返っても、たった一つのこととはいえ、隠すという行為が、言動、行動に影響を与えていたのではないかと思います。

昨日の、ブログにも書きましたが、夫が、発している言葉の中で、

「なんか自分の中で凄く吹っ切れたというのか~」

という件がありますが、それは、夫自身の変化の象徴の一つだと思います。

そして、以下は、佐藤康行が、夫の肉体の変化について解説しているところがありました。

 (以下は音声のまま)

(夫)やっぱりそういうことと仕事と、すごく関係してるんだなって。それは、改めて思いました。

(佐藤)ああ、いいね。いいこと気づいたね。ちょっと奥さんに質問するけど。

(私)はい。

(佐藤)「そういうことをやらなきゃいけない。何とかやってあげなきゃ」っていうふうに彼が思ってあなたに、手を付けてくるのと、

彼が自然と欲情をだして飛びかかってこられるのと、どっちが嬉しいですか?

(私)それは、全然、後者の方ですね。

(佐藤)ほら、後者、ね、思い込みだったでしょ?「全然後者」って言ってる。だから自然でいいわけです。

だから、「なんか喜ばせなきゃ」とかって、全く余計なことだってことが分かるでしょ。

(私)そうですね。

(佐藤)生の本人に聞いてるんだから、間違いないですよ。だから、みんな世の中の人は勘違いしてるんだよね。

(夫)それが起こってから、改めて振り返っても、思い違えて行動したりだとか、

何か言ったりしたことって、すごく多かったんだろうなとうのが、反省をさせられるというのか、恥ずかしくなるっていうのか。

普段、車の中で、佐藤先生のYSメソッドのCDを聞く機会とかあるんですけど、本当、参ったというのか、ギブアップというのか、

両手を挙げて万歳で、「どうにでもして」っていうのが

(佐藤)ああ、いいねえ。

(夫)どうしようもない。もう自分の考えでは、本当にどうしようもないとこまで来たんだなっていうのが。

(佐藤)ああ。すごいところまで来たね。ああ。速いわ、やっぱり。速い。もう最初からギブアップするような話をしているんだから。

抵抗しているのは、自分に抵抗しているだけだから。私に抵抗しているわけじゃないから。ベリーグッドですよ。

ベリーグッド!!これは、欲情してくるよ。凄く、いいですよ。やっぱり体の変化と、心の悟りと同じ感じがしますよ、私は。全く同じ感じがします。

 

※ 補足、文中の「私に抵抗しているわけじゃない~」は、佐藤康行という人物に抵抗ということではありません。

あくまでも、第一創造に抵抗しているか否かという意味です。

意思を沿わせたことにより、色々な変化があったということです。

 







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ