極致の認識・・・第二創造


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、あえて、夫の『ゲイ』について、フォーカスしたいと思います。

そもそも、『ゲイ』に限らず、『身体と心が一致出来ない』という状態は当事者からすれば大変なことのようです。

 

夫も、佐藤康行と縁を持たなければ、今頃、独身で会社も継いでいないかもしれません。

会社どころか、男性として産まれながら、男性器を切っていたかもしれません。

 

すでに、ブログの前半に、書きましたが、夫が抱いてた感覚としては、祖父への誤解から、『性器を切りたい』という思いを持っていました。

しかし、そもそも、そういう誤解を生んでしまう感覚は、どこから来るのか?と言われても、夫自身も明快な解答は無かったと思います。

理由はどうであれ、本当に、『性器が諸悪の根源』と思っていたのです。そういう

延長線上いれば、恐らく、夫は、『性器』を切ってしまう結果になっていたと思い

ます。

しかし、『YSメソッド』を取り組む過程で、「要らないと思っていたけど、やっ

ぱり必要だった」という答えを本人が出したのです。

 

私は、以前、ネット上の記事なので、事実か、否かは、分かりませんが、女性が、身体と心の不一致から、苦しみから、結果、卵巣を取ったという記事を見たことがあります。

 

 そういう状況、出所の分からない感覚や、考えに関して、『何なのか?』というこ

とを、真っ向から、研究し開発したのが、佐藤康行であり、『YSメソッド』なの

です。

 

そして、今では、『100年後の医療』という思いからクリニックを開院したのです。

 

佐藤康行は、人間は記憶で出来ていると言います。しかも、その記憶が産まれる前からの記憶、DNAの記憶、さらには、産まれてきてからの記憶もあると言われています。

何十代、何十万世代に渡る、記憶が折り重なっていたとすれば、夫のように『ゲイ』で、産まれつきとなれば、元に戻ることは、皆無に等しいという判断をされてしまうのだと思います。

 

ですから、今では、学校、職場では多様性の生き方に理解を示して差別の無い世の中にということが盛んに言われ始めたのだと思います。

 

しかし、佐藤康行が開発した『YSメソッド』は、医療という現場で、カウンセリングとして使われているのです。

何となく、『うつが治ったような気がする』『身体と心が一致出来たような気がする』と、まるで子供だましみたいな感覚では、クリニックとしは、成り立っていないと思います。

 

今まで、誰も、手を付けて来なかった、『生命の源』だけに、焦点を合わせた時

に、『うつ』『アルコール依存』『薬物依存』『ゲイ』という現象が変化していく

過程を、私、個人でも見て来ました。

私は、自分の経験を振り返って、今まで、やってきたことは、『生命の源』に焦

点を当てることにより、『極致の認識』が生れ、結果的に第二創造に影響与えた

のだと思います。

私たちは、佐藤康行がクリニックを開院する以前から、カウンセリングを受けたり、講座を受講したりしていましたが、

もしも、夫と同じように、『生まれた身体で、心も身体も一致させたいという方

も、公の場で、発言することに抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。

 そういう方は、是非、『YS心のクリニック』へ、ご相談する方法があると知っておいて欲しいと思います。

 

手法は当然、『講座』とは異なると思いますが、『生命の源』に焦点をあてるということにおいては同じなのです。

 

ゲイ、性同一障害等々の状態の条件は無いのです。本人が、元の性を望んでいる、または、家族として、どうにかしてあげたいという思いがある方にとっては、

私は、『世界で唯一のクリニック』だと思います。

 http://shingaclinic.com/

 

(生命の源、第一創造、第二創造について ↓ )

 http://gay-hanayome.com/ysメソッド・・・生命の源へのアプローチ/

 

 

 

 





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ