極致の認識・・・亡き母より


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

2014年9月13日(土)、9月14日(日)二日間に渡る佐藤康行の講座があり

夫婦で受講をしました。『生命のプログラム』という切り口

での講座でしたが、私は、この講座で今までには感じたことの無い体感をする事になりました。

二日目の最後のワークの時でした。『起請文(きしょうもん)』を書くワークでした。

受講者全員が、先祖へ対して、「今までは、こういう生き方

をしていましたが、これからはこう生きます」と、まさしく、先祖への誓いを書くワークでした。

 

実は、佐藤康行の講座を受講している中で、何度か、経験したことのあるワークでした。

その、経験の中では、我ながら、こんなにまで、先祖へ対して、感謝が湧き上がるのか?というぐらいまでの気持ちになり、

その、勢いで、一気に、A4の紙一杯に、書いてしまった。と、いうことがありました。

 

そういう経験もあった為、それ以上の思いで、書き上げる、気持ちで、勇んで鉛筆を持ち、取り組みました。

 

『おじいちゃん、おばあちゃん、ご先祖様、今まで、私は、~~~のような生き方をして、どうも、すみませんでした………』あれ?

 

何か、前にも、書いた記憶がある、毎回、毎回、同じことばっかり、言ってないか……?と、いう気になり、

その途端、私は、何も、書けなくなりました。『えっ?あれ?全然、書けない…』

 

すると、ピピッピピッー、と、タイマーがなってしまったのでした。

 

『あれっ、ヤバいっ……。終わっちゃった』という心境でした。

3分か、5分ぐらいの、時間の中で、書くことになっているので、あっという間でした。

 

書いた後は、ペアワークをするのですが、先祖への誓いを言う側、相手の先祖になり代わって誓いを聞く側と役割を決めワークをします。

ワークが終われば、役割を交代するというものでした。たまたま、ペアワークを夫とすることになり、先行は夫でした。

背中を向けていた夫が、ワークをする為に振り返った瞬間に、ことが起こりました。

 

ルール上は夫の先祖になるのですが、突然、私は、全く、その、数分前に書いていた事

でもなく、頭で、考えていた事でもないものが私の心から、湧き上がりました。

 

感覚としては、心の中で溢れ返る感じに近かったと思います。

 

 

「ごめんなさいね、あの子が、なかなか、分からなくて」「あなたも大変だったでしょう?」「あなたのこと、分かってあげられなくて、ごめんね」

「あの子も、誠も(息子)お父さんも大事にしてもらって」「こんなにしてもらっ

ているのに」「あなたも辛かったでしょう」

 

時間にすると、わずかな時間でしたが、その思いは、私ではなく、紛れも亡くなった母でした。

母が、私の夫へ、詫びていたのでした。

母だなと確信を持った理由は、母にこう言って欲しいという自分が願いを持った言葉が一つも無かったからでした。

 

講座中のワークということもあり、その、ワークの時間は、直ぐに、終わりました。

 

その日、最後のワークということもあり、講座そのものも同時に終了しました。

 

スタッフの方による、講座等の案内が始まっても、私の心の中では、何度も、何度も、母の言葉が、繰り返されていました。

 そのうち、涙が、どんどん、溢れて、身体の震えも止まらない状態になりました。

  『生命の源』を開発する果てにこういう事が起こるのか……。

いい意味で降参した瞬間でした。

 

最後に佐藤康行への、質疑応答の時間が設けられ、その時に、私は、その場で起きたことを、発表しました。

 

 

その話を聞いた、夫は、心臓の「ドキドキ感が止まらない」と、言っていました。

それは、翌日も、多少、続いたと言っていました。

 

私自身は、まるで、体内のプログラミングが書き換わったような感覚でした。

 

それから、一週間後、夫があることを私に話ました……。

 

(明日に続く…)

 







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ