最後の一年


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

私は、今、妊活中です。

今さら、改めて、ここに書くのもどうかと思いますが……。

考えてみれば、佐藤康行との縁によって、

夫との関係、ゲイを元の性に戻すための、

研究会、このブログそのものもが、

妊活に向けて書き綴ってきたと言ってもいいかもしれません😅

お読みいただいてる皆さまはどう感じているかは、

分かりませんが、ここで、書いていることは、

生命のこと、真我のことなのです。

少なくとも、私は、真剣に書いてきました。

 

ゲイが元の性には戻れないと、

大多数の人が言う中で、

たった一人、佐藤康行だけは、

元の性に戻るということを言うだけでなく、

証明をしてきました。

それは、私の夫に限らずです。

 

そもそも、なぜ、そういう、『心・記憶』を、

持って生まれたきたか、

その記憶さえも、書き換えることをしているのが、

真我開発なのです。

書き換えることも、無限なのです。

元に戻ることだけなく、

普通に子供を授かることが出来ると。

そう話す佐藤康行の元で、

長い間、時間もお金も投資をしてきました。

東京に住んでいるわけでもなく、片道、何時間もかけて、

他のどんなことよりも、佐藤康行の追っかけを優先してきました。

では、なぜ、いまだに、私と夫の間に、

子供を授かることが出来なかったのか?

子供が授かるか否かというより、

愛し合うという延長線上にある、

セックスをしなかっただけなのです。

そういう行為をした上で、

やるだけのことをやり切ったということなら、

今、私たち間に、子供がいても、いなくても、

そういうことに、捕らわれることはないと思いますし、

あえて、今さら、妊活ということを意識することは、

無かったと思います。

 

でも、結局、私たち、夫婦は、

佐藤康行の言う通りにしてこなかっただけなのだと思います。

 

人によっては、簡単なことでも、

些細なことでも、結果的に、その、ほんの少しの、

自分の考えが、真反対の結果を生んだのだと思います。

私自身の年齢も年齢なので、最後の一年と思って、

妊活をしようと思います。

 

妊活というキーワードを、ネット検索すると、

沢山の記事が出て来ますが、真我から見た妊活は、

どこにも書いていなのです。

だから、まだ、まだ、

私には佐藤康行の追っかけが必要なのだと思います。

真剣に妊活をした結果、

子供が授かる、授からない以上に、

思いもよらない世界を見えることだけは、

言えると思います。

少なくとも、私は、この、何年もの間、

経験、体感してきたことです。

妊活というキーワードが、今の、私にとっては、

より一層、真我を追究する上での、

大事な鍵なのだと思います。

 

 

今日は、ここまで。



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ