新たな問題・・・引っ越し!?


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

2012年12月18日(火)に思いもよらない形で東京へ行くことにより、佐藤康行に研究会再来のような貴重な時間を与えられました。

長い間、思い悩んでいたこと、特に、息子の問題が労力を使わずして解決したことは、とても驚きました。

と、同時に、『生命の源』に焦点をあてることの凄さを再確認した時でもありました。

取材ということで出版社の方が、音声を録音をしていたので貴重な取材時の音声を先方のご厚意でいただけることになりました。

流石の、夫も、何か感じたものがあったようで、その音声を「自分も聞こうかな……」と言うぐらいでした。

私は、その時の佐藤康行の言葉の中でもっとも印象に残っている言葉がありました。

それは、『吉田さんはね、神に逆らっているんです』

神に逆らっていると言われた夫は、相当、堪えたようですが、私にとってはむしろ、一つの光明のような言葉でした。

 

夫は、ゲイ専用の風俗通いの頻度が増す中で、私としては、夫の行動そのものは理解しがたいだけでなく、

そもそも、夫の行為そのものをどう、捉えたら良いのかというのが、いつも私の中では答の出ない問題と向き合っている状態でした。

それが、佐藤康行の『神に逆らっている』たった、一言ですが、その言葉を聞いて以来『ああ、そうか、あの人は、神に逆らっているのか』

と、肚に落ちたという表現が正しいかどうか、分かりませんが、私にとっては、一つの特効薬のような効果があったのは事実でした。

取材翌日に、佐藤康行へ直接、お礼の連絡を入れました。「神に逆らっている」という言葉は、私にとっては、最大の言葉のプレゼントだったのです。

 

今まででしたら、何気ない日常の中、ふとした時に、夫の起こした行動自体に自分自身が囚われることがよくありました。

それが、その一言を知って以来、あまり、過去の出来ごとに対して囚われることが無くなったのでした。

 

 暫くの間、暇さえあれば、その、取材後の音声を聞く毎日でした。毎日のようにその音声を聞いていると、

不思議と佐藤康行へ質問をしたいことが湧き上がって来ました。

そうしている中、夫の方から、何気ない話しの中から、年末、東京へ行く機会があるので、

もしも、時間があったら、改めて、佐藤先生にご挨拶を兼ねてお伺いしたいという話しが出て来ました。

結果的には、年末には、お会いすることはなく、年明けに面談をすることになりました。

実は、その取材以降、新たな問題が浮上してきました。

兼ねてから、私たちの住まいが会社から離れていることもあり、父である会長も、出来る限り会社の近くへ引っ越しをすることを望んでいました。

父は、良い物件があれば直ぐにでもという思いでした。当時、たまたま、条件の見合う物件を紹介されている時でもありました。

私は、この、約11か月間、夫の問題、息子の問題がある中で、ようやく息子の問題は落ち着きを見せ始めていたので、

正直、あまり環境を変えることをしたくないというのが本音でした。

しかし、単に住まいを購入するという目的ではなく、出来るだけ、会社の近くに自宅を構えるという、

最大の目的と先代である会長の意向も重なっていました。

その為、私個人の都合でどうにか出来る問題でないことは良く分かっていました。

 

さらに、取材直後は、「音声を聞こうかな……」と、いう気持ちを見せていた夫ですが、結果的に、夫はその当時、音声を聞くことはありませんでした。

本人が、一瞬でも、そういう姿勢を見せた時には、私の中で大きな期待を抱きました。

そして、音声を聞かない夫を見て、もの凄く落胆した自分もいたのでした。

そこには、あの時の佐藤康行が話したことを、忘れないで、よく聞いて欲しいという私の願いがあったからでした。

音声を聞くことがないなら、間を空けずに、また、佐藤康行から夫へ何かを言って欲しいという私の算段がありました。

その引っ越しという、どうすることも出来ないことと、夫への助言をさらに与えて欲しいという私の思いが、年明けの面談を取り付けたようなものでした。

 

 

 (明日に続く……。)

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ