慢性は気づきにくい


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、二度目の投稿です(^^;)

急用があって、ブログが更新出来ませんでした。

 

急用とは、息子の付き添いで、病院へ行っていました。現時点では、どこに問題があるとは分からないため、

 

来月、ある検査のために、二度、病院へ行くことになりました。

 

 

9月の新学期が始まった頃、このブログでも、息子のことを書いていましたが、

その時のことと、今回は、少し、異なるように感じます。

 

 

今回は、本人が、自分の身体の異変を感じて、私に、『病院へ行きたいと』言い出したのでした。

 

まずは、かかりつけの病院へ行き、結果的に、大きな、病院を紹介していただきました。

 

 

病院で、診察を受けたり、待っている間、息子と、色々、話しをしていて気づいたことがありました。

 

実は、『慢性的な体調不良』だったということが、分かりました。

 

いつぐらいからか、朝、起きられない、ギリギリまで、寝ていて、朝食を食べずに家を出ることが続きました。

学校へ行く途中も、体調が悪く、遅刻して登校という日もありました。

 

 

顕著に表れたのは、この、2~3週間ぐらいでした。

 

息子は、夢を見ることが、無いぐらい、いつも、熟睡するのですが、ここ最近は、睡眠の質も、悪く、寝付けない、寝ても眠りが浅いという状態のようでした。

 

そして、流石に、今日の異変は、自分でも、『俺、ちょっと、ヤバいかも……』と思うぐらいの状態だったため、急きょ、病院へ行くことになったのでした。

 

蛇足ですが、診察中に、2度も、聞かれたことがありました。

 

学校での問題や精神的なことについてでした。

 

 

息子と私は、声を大にして、『あ!!それは、絶対にありません』と、即答でした(笑)

 

 

息子にしてみれば、学校生活は、本当に楽しいようで、正直、まともに、登校出来ないことの方が辛いようでした。

 

奇しくも、先日の講座か、真我真理研究会でも、佐藤康行が言っていました。

 

急性よりも、慢性的なことの方が、気づきにくいと……(><)

 

 

 

今日は、ここまで。



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ