心の落とし穴


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

最近、身の周り、

家族を含めて、

起こり得ることで、

私自身が、一般的な評価という、

ことに、自分で思っている以上に、

囚われていたことに気付きました。

 

そんことには、囚われないし、

 

拘らないと思っていたのにです。

 

何で、そんなことに、

 

拘ってたのかというぐらいです。

 

まるで、私自身が、

 

試されていたのでは?と、さえ感じました。

 

沢山の人たちが、

 

拘る世界🌏

 

その世界の中で、

 

評価される世界🌏へ、

 

知らず、知らずのうちにです。

 

 

佐藤康行は、

 

『人間が後から創ったものには興味が無い』

 

と、言います。

 

佐藤康行がやって来たことは、

 

人間智では理解し難いこと、

説明出来ないこと。

 

 

それこそ、死にそうな人を蘇させたり、

 

肉体の病、癌が消える。

 

統合失調症の人が、

寛解する。

 

 

当事者だけでなく、

 

周囲の家族も含めて、

 

ダイナミックな変化です。

 

 

医療の世界🌏だけから見ても

 

相当なことです。

 

解説出来ないようなことを、

 

事実をもって、

証明してきたのです。

 

 

今までの医療の世界では、

 

不可能と言われてきたようなことも、

 

真我によって、

 

救われるのです。

 

 

そういう世界🌏を自分も含めて、

 

体験し、経験してきたのに、

 

 

思わぬところで、

 

まだまだ、

 

 

自分が拘っていたことに気付きました。

 

 

拘っているということは、

 

簡単に、そういう、

 

世間一般的な、

 

ライセンスを欲しがったということです。

 

 

因みに、そのライセンス(看板見たいものです)があったからと言って、

 

 

私には、何か得られるわけではありませんが😅

 

もしかしたら、ちょっとだけ、

 

間接的に、称賛でも得られたいと、

 

思ったいたということでしょうか?

 

 

それぐらい、ちょっとだけ、

 

欲しがっても、

 

いいじゃない。

 

 

 

意外な心の落とし穴でした。

 

 

真我の追究と、

真我の実践が、

もっとも、価値があることなんですよ、

それ以上のことは無いのです。

 

今一度、心に楔を打ってみました。

 

 

今日は、ここまで。

 

 

 





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ