会社を売っぱらてでもやること・・・命が懸っている


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

 昨日からの、つづきです。

以下は、佐藤康行がお話しされた音声から抜粋しました。同時に、当時の自分の気持ちがリアルによみがえってきました。

よろしければ、昨日、書いたブログも合わせてお読み下さい。

佐藤康行が何を言わんとしているかは、より、お分かりいただけると思います。

 

2010年3月12日音声より

(佐藤)(このプロジェクトに参加することが)優先順位の一番と思たのね?

と、佐藤康行は私へ尋ねました。

そして、矢継ぎ早に佐藤康行の質問は続きました。

 

(佐藤)彼はどう?優先順位の一番にしている?向こうの親はどう?夫の両親はこの重要性を知っているのか?優先順位の一番にしているのか?

プロジェクトの狙いを知っているのか?親は自分の子供でしょ?長男でしょう?跡継ぎでしょう?

この重要性を知っているのか?どう?一番の当事者じゃないですか?私からみると向こうの親が当事者。

自分が作った会社だし、生きて来た年輪も違うし。そういうものの大切さを知っているはずだから。

そこを、そういうふうな捉え方をしているかどうか?

いきなり、夫の家族の話をされ、その瞬間に、早くも、自分ごとの問題にするということから、ブレ始めていることと、私自身が、ことの重大さが分かっていないことがよく分かります。

何故なら、当時は、そう言われた瞬間に自分の頭の中では

『えっ?何で、私に、いきなり、そんな話をするのか……?夫の家族のことなら、夫へ話してくれればいいのに……。』と心の中で呟いてる自分がいました。

少々、戸惑いながらも、

(私)まだ、そこまでは、(重要性は)伝わっていないと思います?

と、答えるのが精いっぱいでした。すると、佐藤康行は、間髪入れずに、

 

(佐藤)それは、誰の問題ですか?

(私)えっ!それは、私の問題です……。

とっさに、聞かれた私は、大して、考えもせず、どちらかと言えば、そう答えた方が、良さそうという体裁が働いて答えたことだけは、よく覚えていました。

さらに、佐藤康行は、突っ込んで私へ質問されました。

 (佐藤)例えば、彼がここで、バタッと倒れて、もうこれで、このまま死んじゃうとなったら、すべての優先でしょう?それと、同じくらいなんです。

もしも、ゲイの実験するならこの辺り(新宿二丁目)に沢山いる。私(佐藤康行)にとっては、(この研究が必要かそうでないかは)ゼロの状態。

自分達はある意味じゃ命懸っているんですよ。そのところが、分かっているのか?

また、分かるような努力をしているのか?

また、そういう何かをしているのか?っていうことは、もの凄くこだわるっていうより変でしょう?

ことの重大さを知っているのか?本当、本来は、まずい状態なんです。

私の命令で来ている感じがするんです。現実的に。本来、もし、私に、そういうことを治せる力があると知ったとしたら、土下座しようが何しようがの話でしょう?

本来、お父さんの会社を売っぱらってでも、やるような話でしょう?もし、本当に治るのなら。でも、実際にここにいる人達は、全部、命、もう、すべて、売っぱらってでも、やるようなこと。

だから流れが変なんですよ。そこのところを知っておかないと、知った上でやらなきゃね。

だから、お父さんこう思ってますじゃ、ダメなんですよ。だって、一番の当事者なんだから。

それは、そのまんまにしておくのは変ですよ。

だって、私の胸先三寸に懸っていたんですから。「じゃ、今日はこれで、おしまい。」って

治らないで終わっていたかもしれないのに。それで、行こうか、どうか迷っていることがもの凄く違和感を感じるんです。

まぁ、決めたんだから、迷っていないのは、分かってますよ。あえて、言っているんです。まだ、そういうのが残っているから。

その、ことの重要性、物理的に何かがないと分からないのか?例えば、向こうの親にチャック開けて全部見せて、何をやっても、立たないんだって、見せなきゃ分からないのか?

奥さんと寝ていてもずっと、ほとんど、手をつけないんだっていうことを全部言わないとダメのか?

私は、もう、そこまで、本来、言うべきだとさえ、思ってますよ。精液が入いらきゃ、子供出来ないんだから。

そしたら、孫は、見られないんだから。少なくともこれだけ、YSメソッドをやってきた、ここにいる人はそれを伝える義務があるんじゃない?

私が、あなた達の所まで行って向こうの親へ言わなきゃいけないの?

 (私)いいえ…。違います…。

そして、佐藤康行の話は、続きました。

(佐藤)ちゃんと、事情が分かったら、Yesに決まっているんですよ。1か月でも、2か月でも、もう、それは、分かりきったことです。答は決まっているんです。

ことの重大性を分かってないんです。だから、1か月にしようか2か月にしようかどうしようか、とかそんな話じゃないんですよ。

永久に彼の子供は産めなくなっちゃうかもしれない。

その時に向こうとの関係はどうなるのか?とか、本当にあなたの子供に対してどうなのか?全部関係してくるんじゃないですか?

 

明らかに、私が、色々、混乱してることが分かったのかとりあえず、ここまで、ということで、この日の研究会での自分の番は終了しました。

 

 





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ