帰省・・・父への告白


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、実家へ帰省します。

結婚して初めて、私が、夫とどういう結婚生活を送って来たか、また、佐藤康行と、

『ゲイ』という、今まで、誰も、明解に解明して来なかったことを対峙して来て、

何を見せられて来たか?

現実の生々しい、会社経営、

融資、売り上げ、社員、

600億という借金が、

どういうタイミングで、どのような、

形で清算して来たか。

 

ゲイは、ある意味、

癌を治すより難しいと言われています。

それは、何故か?

癌は治したいと、誰もが思うと。

 

では、ゲイは、何故、難しいのか?

そもそも、気づいたら、不一致がある。

誰もが、生まれつきだと。

中には、身体の不一致が、相当、苦しみ、

手術をする。

また、誰も、そのことに、

元に戻ると断言して、証明した人が居ない。

元に戻らないなら、受け入れ、そのように、

生きて来た。そういう背景が難しい。

その点について、

さらに、当事者の方が教えてくれました。

 

昨日、高橋さんが、夕方に、

たまたま、電話をくれました。

その時にこのように、言ってました。

 

ゲイが難しいという理由は、

 

そこに快楽が伴うということ。

それも、難しくさせている一つなのだそうです。

 

 

そのような、世の矛盾さえも、

超越することが出来るのは、真我なのです。

 

もちろん、人生は、人それぞれです。

夫は、ゲイの人生を選択した時に、

見せらた現実があります。

その後、伴侶である、私が、

ある時を境に、気でふれたか?というぐらい、

佐藤康行の元へ通いました。

考えてみれば、通い始めた頃は、

さらに、ゲイの道へまっしぐらでした。

その時に、真我では、ゲイなんて、

解決出来ないと、

辞めていたら、どうだったのか?

 

離婚も免れなかったでしょう。

 

当然、その先の修羅場もあったでしょう。

 

バツ2の、子持ち、実家に易々と帰れない、

現実。

夫は、会社経営を仮に継続していたとしても、

どうだったのか?

今までの経過を見れば、

真逆ということは、容易に想像出来ます。

 

また、その時の経験、体験、体感を経て、

ブログを書くことになり、

少なくとも、このブログを見て、

ゲイを治したい、性同一性障害を治したいと、

佐藤康行の元へ、来られる人がいらっしゃったのも事実です。

ゲイというそのものを、

生命で捉えた人は、佐藤康行以外には、

誰もいないのです。

 

そういうことを含めて、今日、父へ、

全てを告白しに行ってきます。

 

 

 

今日は、ここまで。



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ