夫婦の過ち・・・夫のケース


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、昨日のブログの最後に書いた、夫婦の過ちの発見について、

詳しく書きたいと思います。

(昨日のブログ↓↓↓)

http://gay-hanayome.com/たった2日で神様を味方にするセミナー・・・2日

 

まず、夫が、講座2日目の質疑応答の時間に佐藤康行へ、『報告と質問』をしました。

内容としては先達て東京に約1週間滞在した以降、

1度もセックスをしていないことの話しをしました。

だから、何が何でも、今回の滞在中に、『セックス』をしなければと思い、

『今朝セックスをしました』

 東京滞在中にも、どれだけ、一番大事なことと分かっていながら、

現実の世界では後回しにしてしまいました。

そういう状況にも関わらず、実は、会社においての業績は、

悪くなかったり、売りずらい商材が売れたりということが起こっている。

現象に表れる世界は、一見すると良いことが起こっているが、正直、『怖い』とも思っている。

という話しをしました。

 

そのことに関して、佐藤康行は、このように答えました。

 

まず順番を改めた方が良い』ということ。

良いこと、悪いことが、お金という報酬が基準』になっている。

『例え、そちらが、(会社)無くなったとしても、(真我/生命)を優先させるべきこと』

 

そうではなくて、『妻を愛することで、自分も愛される』ということが『報酬』。

お金(業績)は、余力によって起こっているに過ぎない』ということを思っていた方が良い。

 

報酬が基準だからが後回しになっている』のだと。

 

今までは、『性』に、意識を向け、そこへ取り組んだだけで、

『よくやった』だったが、

『それは、もう、卒業しましょう』

『今までは、中学生レベル、今日から、高校生』ということでした。

 

 

さらに、佐藤康行の話は、このように続きました。

それは、経営者としての夫への助言でもありました。

『社長としても、報酬を基準に考えると、社員もそのように動いていくことになる』

『会社からの報酬分しか働かない』ということが起こり得る。

『そうなると、他で高い給料を出すところがあると、その社員は、

そちらへ流れていくことになる』ということでした。私は、その話を聞いた瞬間、

佐藤康行は、本当に常に、一貫していて、今回のように、

状況次第では、次なることの助言もしていただいていることが良く分かりました。

その、『一貫』していると思った証拠は、

かつて佐藤康行が同じことを私たちに向けて、

話していることを思い出したからです。

【一貫している証拠】

(順番を改めるについて↓↓↓)

 http://gay-hanayome.com/命が懸っているですよ!!/

 (経営者としての助言↓↓↓)

 http://gay-hanayome.com/肉体の耳・・・心の耳・・・神の耳/

 

 

夫と佐藤康行のやり取りを聞いて、いつしか、『真我の追究』が、

無意識の中で、『お金という報酬』を、基準にしていたことが、よく分かりました。

 

では、それは夫だけに言えることだったのか?というと違いました。

正直、夫から、その話が出るまでは、

自分の中では講座前にすでに解決している『ある出来ごと』がありました。

尚且つ、1日目のワークでも相当取り組んだので、そのことにについて、

話しをするつもりはありませんでした。

でも、言わずには、いられず、私は、『ある出来ごと』について、

話しを始めました。

 

なぜなら、『私も夫と同じだ』ということが、

良く分かったからでした。

 

 

明日は、夫婦としての過ち、『私のケース』について書きたいと思います。

 

 

今日は、ここまで。

 





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ