夫が癌・・・なぜ、私が手術台へ?


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日は、ゲイは癌を治すより、難しいということについて、私なりの見解を書きました。

そして、その、根拠と手法についても少し書きました。今日は、改めて、根拠と手法について書きたいと思います。

 

根拠は、たった、一つです。

このブログでも、何度も書きましたが、

産まれた時の、身体が、『男』『女』だけです。

第一創造だけなのです。

(第一創造についての詳細は ↓ )

 http://gay-hanayome.com/ysメソッド・・・生命の源へのアプローチ

 

その前の条件、その後の条件は、何も関係無いのです。

 

手法としては、今までの常識には無い方法でした。

 

分かり易く言えば、

 

「夫が癌なのに、なぜ、妻である私が手術台へ上げられなければ、いけなのですか?」

と、いう思いがしてならなかったのでした。

 

それぐらい、普通の常識から考えると、手法については、今までにない、発想でした。

しかし、それも、佐藤康行に言わせれば、ごくごく、当然のことでした。

 

「夫がゲイだいうことに、対して揺るぎなく、男だと言い続け、男として、夫を欲情させて、立たせることが出来るのは、

妻であって、他の人が代わりに、やられては、困るでしょう?だから、手術をするのは、妻で良いのだと」

と、いうことでした。

 

佐藤康行とのカウンセリングでは、何度も、『?』と、思う『言葉』が、沢山出て来ます。

先日のブログにも書きましたが、

『神に逆らっている』と、いう言葉を、一つ、とってもそうです。

http://gay-hanayome.com/吉田さんはね、神に逆らっている!!/

 

佐藤康行に言わせれば、『逆らえないのに、逆らっている』と、いうことなのです。

第一創造では、夫は、男です。

佐藤康行は、その、『生命の源』絶対に変わらないものに対して、

語りかけたのです。

 

「吉田さんはね、神に逆らっているよ」

言葉で表せば、とてもシンプルです。

もしかすると、そんなことで元に戻るのか?

 と、思われても、不思議ではないと思います。

なぜなら、今まで、そんなことを、言い続け、証明し続けた人はいないからです。

 

 

今、改めて思うのは、YSメソッドを体得することが難しいというというより、

体得の以前に、まず、手術台へ上がることに抵抗をした期間が、

私自身、もの凄く、長かったのだと思います。

 手術台へ上がることを、抵抗している間は、

夫が、ゲイの世界へ傾倒していくことは、ある意味、当然のことだった思います。

 

 

※明日からは、引き続き、2012年12月18日(火)の佐藤康行のカウンセリング内容について書きたいと思います。

 

 さらに、今後の、ブログでは、『手術台へ上ることへの抵抗』している、私の様子も分かると思います。

どうぞ、お楽しみに!!

 

※ お知らせです!!

来る、6月13日(土)佐藤康行 東京練馬講演会 公開カウンセリング!!

 言葉で表せば、いたって、シンプルな神芸のカウンセリングを

是非、ご覧下さいませ!!

http://ys-nagashima.com/

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ