先祖の彼岸・・・真我を追究し続けること


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日は、宇宙の真理2日目でした。

 

2日目は、何だか、身体がフワフワした状態で、受講中、ほぼ、1日、寝ていたように思います……。

 

 

昨日のブログでもお伝えしましたが、今日は、少し、私の先祖のことを書きたいと思います。

 

私の父方の家系は、職人で、とても、信仰心が高い家系です。祖父は、毎朝、お仏壇で、お経をあげていました。

 

祖父が亡き後は、伯父が毎朝、お経をあげていました。私の父も、お経をあげることが出来ます。

 

ものごころついた頃から、お経をあげる声と木魚の音は、私にとっては、当たり前の光景でした。

 

以前、父へ、その、『信仰心』の、きっかけについて、尋ねた時がありました。

 

 戦争中に、父の兄が戦死したことが、きっかけで、祖父母は、信仰をすることになったということを教えてくれました。

 

わが子の戦死ということが、きっかけで、私の祖父母は、信仰することになったということを、その時、初めて、知りました。

 

 

 実は、その話を聞いたのは、今から、7年前、

夫と、結婚した直後で、父と、3人で、食事をした時だったのでした。

 

 

 

 

祖父母は、戦争で子供を亡くす、さらに前に、2人、戦後は、病死で、1人、子供を亡くしています。

 

そういう経験から、祖父母は、もの凄く、熱心に、信仰していたようですが、

 

それ以上に、『真我に出会い』たかったのだと、講座中、私は、感じられずにいられませんでした。

 

 

 私が、なぜ、ここまで、真我の追究をしているのか?なぜ、『ゲイに花嫁』へ、行ったのか?

 

すべては、先祖の彼岸だったとのだと、はっきり認識することとなった、

 

今回の『宇宙の真理』でした。

 

 

 

 今日は、ここまで。





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ