祝・テレビ出演🎉🎉・・・書き方の先生


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、何度となく、このブログでもご紹介している、

書き方の先生が、ナ、ナント、先週の土曜日の晩、

ネットテレビに、生出演しました!!

先生!!おめでとうございました(●^o^●)

映像は、著作権の関係上、

ご紹介出来かねますが、

リンク先の記事を貼らさせていただきました。

是非、お読み下さいませ。

 

https://abematimes.com/posts/1057527

 

 

 

記事をお読みいただくとお分かりいただけるかと思いますが、

先生がおっしゃている中で、とても印象に残っているところがありました。

 

(以下は、記事より抜粋)

 

ひきこもりの人たちは話をしないという印象があるが、

「(本当は)話す」という。

「1話すと10否定されるから。(だんだん話さなくなって)暴力的要素につながる」

 

と、ありました。

引きこもりの方を支援をされていらっしゃる、

プロフェッショナルな立場でもある

 公益法人「日本駆け込み寺」代表理事 玄 秀盛 様は、

 

テレビで、このように、

解説をしいていました。

 

 

 「一番の問題は、環境を変えること。親が逆にかばっているのも多いし、

いじめや病気もあれば、なかなか(いろんな事情がある)。

いずれ良くなる良くなるといって10年20年(放っておく)…。

(そのうちにひきこりをしている人が)フラストレーションがたまって、

暴力を働き出す。」(玄さん)

と、おっしゃっていました。

 

 

先生は、暴力を働きだす前に、

カウンセリングで解決することが出来るのです。

 

もちろん、

YSメソッドに、よってです。

 

 

 

 先生自身が、元引きこもりという、

立場ですので、相手の方は、

もの凄く安心されるのだろうなと思いました。

 

ご本人のみならず、

ご家族にとっても、

先生の存在は、とても、心強いのではないかと思いました。

 

 佐藤康行は、この間、先生のことを、

こうおっしゃっていました。

 

『彼は、引きこもりという才能があるんです。

だから、同じ悩みをお持ちの方の相談に乗れて、

救うことが出来るのです』と。

 

 

先生の、『引きこもりという才能』が、

益々、生かされますよう、

お祈り申し上げます。

 

 

(●^o^●)

 

 

 

今日は、ここまで。

 

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ