佐藤康行の追っかけ・・・第一創造の開発


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

講演会の参加お申込みはこちら
  ↓  ↓  ↓  ↓




2013年の暮れに、実家のお墓参りをした時の、少々、不思議な体験について、

佐藤康行から「ここでやっている事の本質が分かってきた証拠ですよ」

と、言われた私は、あることを、自分の中で決めました。それは、講座以外の

フォロー等にも、出来るだけ、参加することを決めたのでした。

理由は、単純に、『もっと本質を理解したい』ということからでした。

例え、佐藤康行の講話が、2時間もしくは、3時間という短い時間であっても、

私の中では、『時間は関係がない』というのを、感じるようになってきました。

往復の移動時間の方が長くても、それ以上の価値があると思ったからでした。

そういう意味では、2013年12月の出来ごとは、

私が、意識的に、佐藤康行の追っかけをしようと思えるきっかけの一つでもありました。

佐藤康行の追っかけをするというのは、私自身の第一創造を開発し続けるという意味です。

開発し続けると、『思いもよらない』出来ごとが、沢山、起こりました。

特に、身近な夫に対しての、捉え方が変わりました。

ゲイ専用の風俗へ行く夫も、行かない夫も同じ』という境地になったことでした。

この境地になれるようになることは、ある意味、私にとっては、至難の業でした。

なぜなら、ゲイ専用の風俗通いをする夫を見ても、

私自身が、夫の行動に影響をされることなく、『夫は男』としか思えない、

そして、本当にそう扱えることが出来るかどうかなのです。

本当に、出来れば、明らかに、相手は変わっていく世界がありました。

実際に起こった変化は、夫が、今まで、性的興奮を感じていた映像

例えば、男性同士の性的描写、動画に対して、身体が反応しなくなりました。

この、変化が起こったのは、2014年3月頃の出来ごとでした。

 

正直、至難の業と思っていたことが出来るようになった時は、これ以上の境地にな

ることは、そうないだろうと思っていました。

 

それでも、私は、『相当の境地』と思っている状態から、

さらに、第一創造を開発し続けた時に起こる世界は、

どうなるのか?と思うようになるのでした。

 

(明日に続く……)

 







いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ