仕切り直し😿


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

勇んで、昨日、夫の実家へ行くも、

肝心な父が🏠不在という事態に⤵⤵⤵

でも、また、行けばいいのだと思い直しました。

伝えられるまで、何回でも行って来ます✋💨💨

取り敢えず、お墓参りにの時に、

話す内容ではないのでということだけは、

母に伝えて来ました😃

 

まず、

『佐藤学長、すみせんでしたm(__)m

出直して来ます』

 

昨日の結果を知りたくて、

ブログに訪問して下さった方、

フライングで、すみませんm(__)m

お詫び申し上げます。

 

 

 

さて、今日は、久しぶりに、新聞の記事をご紹介します。

日本経済新聞 2017年8月14日(月)の記事より

 

LGBT「取り組んでいる」上場企業の3.6%

上場企業のうち、性的少数者(LGBT)の人材受け入れや活躍推進に積極的に取り組んでいるのはわずか

3.6%で、女性や障害者、高齢者に比べ、対応が遅れていることが三菱UFJリサーチ&コンサルティングの調査で分かった。一方で「取り組みの検討を行っている」とした企業は23.2%に上り、手探りの状況が伺えた。さまざまな人材を活用するダイバーシティー(多様性)の考え方は近年企業の総合力を上げる人事戦略として注目されている。調査は昨年12月~今年の2月、上場企業168社から回答得た。

人材活用に関し、6つの項目を例示した上で、

それぞれについて積極的に取り組んでいる企業の割合を調べたところ、「女性」が61.3%と最も多く、

「障害者」33.3%、「高齢社員」28.6%あ続いた。

「LGBT」は3.6%だった。

 

お読みいただいた皆様はいかがでしたでしょうか?

そもそも、どのように、取り組めば良いのか?という点について、確固たるものはないのだと思います。

実際に、取り組んでいる企業にしても、

『LGBTは元に戻る意思があれば戻れるもの』という、

認識を持っているところはあるのだろうか……?

あくまでも、私の勝手な見解ですが、

今のところは恐らく皆無なのだろうと思います。

 

 

『心と身体が一致出来る』ということが、

世のスタンダードになったら、

企業の取り組みは、今までの、

議論の延長線上には無いので、

これまでとは、

まったく異なる結果に、

なるのだろうと思います。

 

お役に立てられる日まで、

このブログでも発信し続けたいと思います。

 

 

今日は、ここまで。

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ