久しぶりの便り


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日、夕方自宅に帰って来たら、一通の葉書が届いていました。

 

結婚する前に、家族ぐるみで付き合っていたとお友達からでした。

 

 

喪中の葉書でした。

 

 

実は、昨年も同じお友達から来ていました。

 

確か、去年は、おばあちゃだったけど。

 

今年は、誰かなと思って……。

 

 

葉書を見ると、

 

ショックでした。

 

友人のご主人が他界していたという知らせでした。

 

まだ、若いのに。

 

直ぐに、連絡をしました。

 

 

昨年、病気が見つかったものの、

すでに難しい状況だったと。

 

 

その友人とは、

 

息子が保育園に通っている頃からの、

 

付き合いがありました。

 

私のように、1人親で、

 

働いて、子育てして、

 

実家の近くに住んでいるとはいえ、

 

身近な友達は本当に、有難かったです。

 

子ども同士が同じ歳でしたので、

 

息子の面倒を、友人はじめ、ご主人、

にも見てもらったことが何度もありました。

 

 

 

引っ越してからは、帰省の度に会っていましたが、

 

この数年は、年賀状のやり取りだけでした。

 

 

まさか、そんなことになっているとは知らず。

 

 

 

身近な人が亡くなると、最近、自問自答することがあります。

 

『私は、ちゃんと、真我を伝えだろうか?』

『もっと、ちゃんと、伝えれば良かったのに』

 

ましてや、大事な友人、知人関係の人だったりすると尚更です。

 

 

私自身、友人に対して、

目一杯、納得がいくまで、

伝え切ったということは無かったので、

友人の状況が知らなかったとはいえ、

亡くなったというショックと言い知れぬ、

後悔のようなものを感じていました。

 

でも、その後悔はいいことなのだと思います。

 

 

昨晩は、友人のご主人にしていただいたことが、

沢山思い出されました。

思い出す度に感謝の思いが溢れました。

 

久しぶりの友人からの便りを見て、

いろいろなことを感じました。

 

友達の家族にちゃんと、

伝えられなかった分、

これから、もっと、

人様に真我を伝える時には、

真剣に伝えようと思いました。

 

 

 

今日は、ここまで。

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ