ゲイを男に戻すのは簡単


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

佐藤康行は、当時、私に、何を言おうとしていのでしょうか?

夫の深いところの望み、私の深いところの望みを叶える手助け、最短に出来ることを言っていただけでした。

なぜ、そのせっかくの望みを叶えていただいているための、手助けが分からなったのか?

 

まず、当時の私は、佐藤康行の話しを聴いているようで、別の話しを聴いているようなものでした。

話しを聴きながら、その話しに影響され、私の心はもの凄く反応していました。同時に、心の中から、色々な思いが湧き上がってきました。

要するに、佐藤康行の話しを聴きながら、心の中で湧き上がってくる自分の心の呟きを聴いていました。

当たり前ですが、佐藤康行が話している真意をくみ取ることは出来ませんでした。

 

そして、もう一つ、

私自身では、「状況説明しているにすぎない」と、思っていることに対して、佐藤康行は、「私が夫のせいにしている」という表現をしていました。

それは、どういうことだったのでしょうか?

 

当時、私は、夫へ対しての不満がありました。

私から見る、夫は、どこか、自分のことなのに、他人ごとな感じがしてならなかったのです。ここでやっているプロジェクトの重要性をもっと理解して欲しい。

私よりも先に、自分のことなのに、もっと、真剣に捉えて欲しい。

両親にも、自分たちの背景を含めて、ここでやられているプロジェクトのことを、すべて話して欲しい。

私がこれだけ、気づいているのだから、あなたは、もっと、気づくべき。などなど……。

 

すべてを話さないまでも、佐藤康行はお見通しでした。

その後の音声で、佐藤康行から、はっきりと指摘されているところがありました。

以下は、音声のまま。

 

「それはいいの。主人が分かろうが、誰が分かろうが分かるまいが。自分が分かれば、まずそっからなんです。だから今、それを言ってるわけです。分からせる方法

理解させる方法、無限にあるわけです。ご主人に向かったり、あっちに向かったりして、「分かってないな」って言って、全然、話をややこしくしてるわけ。」

当時の私は、夫が、自分と同じように理解しているかどうか、それぐらい

どうでも、いいことにこだわっていたのでした。

そして、この、心の呟きこそが、

実は、夫を、ゲイの世界へ行かせるか

元に戻ろうという働きに協力しているかどうかという最大の鍵なのです。

言い変えれば、日頃から、夫へ対してどういう思いでいるか どうかで

起こる出来ごとは、見事なまでに変わって来ます。

 

佐藤康行は言います。「ゲイを男に戻すのは簡単」

では、なぜ、私たち夫婦は、時間が掛かったのでしょうか?

研究会でやっていたことは、佐藤康行がやっていることを、私が出来るようになることでした。

 

しかし、私は、どこかで、治せるなら、佐藤先生が治してくれたらいいのに。

自分の思い、考えを優先していました。

分かり易く言えば、夫が、肉体の病で手術が必要な状況なのに、私が、代わりに手術を受けなさいと言われているような気がしてならなかったのです。

 

 

ここでやっているのは、夫が、何もしなくても、私が変われば、夫も、変わる世界なのです。

 

 





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ