カウンセリング/殺意を吐露


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

昨日、夫は、カウンセリングを受けました。

あえて、佐藤康行ではない人です。

真我のプロカウンセラーの人です。

しかも、二人がかりでした。

私は、そのお二人とは、時々、お茶をしたり、

食事をすることはあるのですが、

夫は、講座でご一緒するぐらいでした。

それが、東京へ到着した日に、

たまたま、佐藤康行と一緒にいたところに、一緒にいらっしゃいました。

その日、何気ない話の中から、お二人にカウンセリングをお願いすることになりました。

 

カウンセリングのポイントは、

先日、突然、親への殺意を吐露したこともそうですが、

もう一つ、ポイントがありました。

 

それは、佐藤康行とのやり取りの中で、『誤解』を解かない夫に対して、

 

佐藤康行は夫へ、

「何で、言わないんですか?何で、言えないんですか?」ということを言いました。

そのことについて、夫は、言葉を発することはありませんでした。

さらに、「親に明日中に全部、知らせて納得させてみろと言ったら、出来る自信はありますか?」

という問いには、

夫は、「明日中にですか?正直、はい。とは言えないです」と言ったのでした。

 

 

私は、そういう夫の複雑な心情がある以上は、

夫のその心情をほぐす必要があるだろうなと思っていました。

ただ、さすがに、私だけでは、その複雑な心情を解く自信がありませんでした。

お二人にカウンセリングをお願いすることになったのも、

ある意味、必然の流れだったと思います。

 

 

今回、そのカウンセリングのお蔭で、

だいぶ、その複雑に絡まった心情をほぐすことが出来ました。

今まで、気づくことのなかった発見が沢山ありました。

 

その上で、今日、改めて、佐藤康行と面談をさせていただく予定になっております。

 

 

今日は、ここまで。

 

 

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ