その頃、感じていたこと


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

 いつも、ブログをお読みいただきありがとうございます。

先月から、昨日まで、お伝えさせていただいた、『ビジネス脳』と『生命の脳』のお話』は終わります。

 

今日は、昨日、最後に少し、触れさせていただきましたが、 息子のことについて、お伝えします。

http://gay-hanayome.com/生命の脳のお話10・・・時期が来たら終わり/

佐藤康行から、息子は、『不安で仕方がない』ということを言われた時、紛れもなく、私の心の『思い』が、息子に表れたのだと思いました。

 

実は、私たち夫婦は、今年の4月に、ある試みをしようと思っていたことがありました。

それは、夫婦として、約、3ヶ月間でも、『性』のことに、真剣になって取り組んでみることを決めたのでした。

私の提案ではありましたが、珍しく、夫も、『楽しそう』という言葉も出るくらい、前向きにスタートしたのでした。

 

そういう、意識でいると、1ヶ月もしない間に環境も応援してくれているような状況が整いました。

息子が学校の関係で2週間以上自宅を留守にすることになりました。

その、スケジュールは、3ヶ月の期限を決めた日の、ちょうど3日前から自宅を留守にするというものでした。

 

多少の期限の猶予もある中で、スタートした夫婦のリハビリでしたが、結果は、とても、『リハビリ』とはかけ離れているものでした。

 

特に、息子が留守中に、夫は仕事優先、さらに、付き合いを優先したのでした。

 

『生命の源/真我』に追究をしている間に、夫の言動、行動に、あまり影響を受けることが無くなっていたのですが、流石に、この時ばかりはもの凄く落胆したのでした。

 

放っておくと、その環境に飲まれることを知っている私は、ただ、一点だけ、生命の源に焦点を合わせるために集中していました。

時期でいうと、ちょうど、集中講座へ行っていた頃でしょうか……?

(集中講座の詳細 ↓↓↓ )

 http://gay-hanayome.com/ゲイに花嫁・・・集中講座へ行く/

 

それでも、私の、心には自分でも気づかな以上にもの凄く影響を与えていたようでした。

その理由に、あえて意識して『 生命の源』に焦点を合わせをしている頃、かつて、佐藤康行と取り組んできたことがもの凄く思い出されました。

 http://gay-hanayome.com/唯一の後悔/

 

 

夫との関係で珍しく気持ちが影響され、それを、私自身で、どうにかすることは出来たとしても、やはり、子どもは、親が思っている以上に影響を受けるのだということを感じました。

 

私自身の体験、息子が見せる行動を通して、いろいろ、考えさせられる出来ごとでした。

 

 

 

佐藤康行と面談をしている最後に、佐藤康行と夫との会話が残されていました。

 私は、席を外していたので、音声を聞くまで知りませんでした。

 

 

  (夫)すいません。お忙しいところ、お時間いただきまして。

(佐藤)「とんでもないとこにお嫁に行った」と言わせないようにして。

(夫)はい。僕が言うのもなんですけど、よくやってくれてる。僕は全然応えてない……。

 

この音声を聞いた時、私が、どういう言葉を発するかどうかも、私たち夫婦次第なのだと思いました。

 

今後もこのブログで、夫婦の変化をお伝えしたいと思います。

最後の『夫婦のリハビリ』にしたいと思っています。

 

 

それでも、ブログをお読みいただいている皆さまへは、これだけは、お約束したいと思います。

 

』は、書かないということです。



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ