お盆の計画


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

先週、実家の父へ、今までのことを、

すべて、話して、一週間が経ちました。

話てみて、いろいろな気づきがありました。

先日の講座で、佐藤康行から、

『自分の親に話せなかったことが、

壁になっている。

その壁を、夫の両親へも同じようにしていると』

言われたことで、本当にそうだなと感じます。

今回、父へ、話したことで、

私は、あることを決めました。

それは、夫の両親へも、すべてを話すことです。

この思いは、日ごと日ごと、増すばかりです。

 

以前は、夫が話さないことを、もどかしく思っていましたが、

今回のことをきっかけに、

夫が言わないのに、私が言えないという気持ちが、

無くなってしまいました。

むしろ、実家の父が、知っているのに、

夫の両親が何も知らないというのも、

夫の両親へ対して申し訳ないとう気持ちも出て来ました。

要するに、夫の両親へ対して、

隠しごとをしているような、

罪の意識を感じるのです。

 

更に、昨日、ブログの中で、

実家の父へ、親孝行が出来るのは、

夫の父のお蔭でもある。

と、そう認めた瞬間に、

すべてを告白しなくては、

いや、しなくてはというより、

むしろ、告白したいと、

そう感じたのです。

 

佐藤康行は、ずっと、夫の父が望むことを、

やって来たのです。

性器を切りたいという、脳の誤作動も、

会社を継ぎたくないという、

思いから、立派な経営者になるために、

具体的な助言を個人的にして下さいました。

 

過去、東京へ滞在したのも、

子どもが出来るようにと、

ある意味、夫の両親がもっとも、

望んでいること、願いを叶えるために、

やってきたのです。

 

また、一般的に、ゲイということを、

ネガティブに捉えられること、

まるで、親や先祖、または、前世と、

これも、一般的には、どこに原因があるのか?

と、いうことを、探すことになり、

当事者、ましてや、親の立場からすると、

触れられたくない部分なのです。

 

ですが、真我の世界は、誰のせいでもないのです。

むしろ、そのお蔭にすることで、

すべての、先祖を味方に出来る世界です。

 

 

親は、分かってくれるという答えが先。

また、ある意味では、

親が知って一番、喜ぶ話でもあるのだと。

 

父へ、すべてを話したことで、

 

まったく、観える世界が変わりました。

 

夫の両親へ伝えるのは、

私が伝えるべきだと、

という結論になりました。

 

まっ、夫は知りませんが……(驚!!)

それに、今回、話してみて、感じたのは、

私が話すのではない、私の真我が話をしたのです。

 

思った時が吉日です。

先程、夫の実家へ、

電話をしました。

母が今晩帰ったら、

父のお盆の予定を確認してくれることになりました。

 

父も母も家に居る日に、

 

感謝を伝える日でもあるのです。

 

夫の両親へも、父の親孝行が出来るのも、

 

吉田家に嫁いできたから出来ることなのです。

 

でも、そうできることに、

もっとも、手を貸してくれたのは、

他ならぬ、佐藤康行なのです。

命を救ってもらったから、

命があるからこそ、出来ることなのです。

命が無ければ、今回の旅行など、

あり得ないことのです。

 

佐藤康行のことを、うやむやにして、

そのことをまるで、無かったことにして、

 

親孝行ですと、旅行へ行くことが、

私には出来ないし、むしろ、したくないだけなのです。

 

さらに、父へ告白したにも、関わらず、夫の両親へ、

伝えずに、隠して生きていくことが、

私自身、もう限界だとそう感じたのです。

一週間、隠しているだけで、

ここまで、苦しいということは、

この先、もっと苦しむということだと思います。

 

でも、在って良かった苦しみです。

だから、私、一人で、両親の所へ行って、

話せばいいだけのことなのだと思いました。

このことは、夫の先祖も望んでいることなので、

必ず、応援してくれているに違いないのだと思います。

 

この先のことは、

また、ブログで公開したいと思います。

 

 

今日は、ここまで。

 

 

 

 

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ