ある日突然、夫がゲイだったと知る・・・新聞記事より


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、2017年2月7日(火)の読売新聞記事の人生案内からの新聞記事を抜粋します。

60代主婦 夫がゲイとわかる

60代の主婦。穏やかな老後を過ごそうと思っていたら、夫がゲイだったことが分かりました。

子どもがいじめに遭って苦しんでいた頃も、相手の男と海外旅行をしていました。

家族をだまして、何食わぬ顔で生活してきた性格が許せません。

帰りはいつも夜中で、週末も家にいることがあまりありませんでした。

仕事で忙しいのだ信じ、家事や育児なども一人でこなしてきました。夫婦で行動することはほとんどなく、

子どもがいじめに遭って苦しんでいた頃も、相手の男と海外旅行をしていました。

家族をだまして、何食わぬ顔で生活してきた性格が許せません。

帰りはいつも夜中で、週末も家にいることがあまりありませんでした。

仕事で忙しいのだと信じ、家事や育児なども一人でこなしてきました。

夫婦で行動することはほとんどなく

穏やかなながら、ぬくもりもない夫の言葉が不思議でした。

現在は父親であろうと努力していること、金銭的な面はきちんとしていたことから、

離婚は踏みとどまっています。

子どもたちと自分のためにだけに生きようと思いますが、

裏切りを許せなくなることがあります。

前向きに生きていく方法を教えて下さい。

読売新聞を購読していらっしゃる方は、ご存知かと思いますが、この後には、

ご質問に回答が掲載されています。日によって、回答される方も違いますね。

ここからは、私の感想を書きたいと思います。

こういう問題こそ、本当に、真我/満月の法則でないと無理ですね。

ここで、書かれている、奥様の立場は、人間の感情として、

至極全うですし。では、ご主人だけが、問題なのか?というのも、

そういうことでも、無いのです。

そもそも、そういう、記憶、DNAを背負っているのは、

ご主人だけのせいではないですしね。

ただ、良いとか、悪いとかということではなく、

私が、ずっと、このブログで、書き綴ってきたことと、

同じ現象もあるのだなと、率直に思いました。

2015年4月~7月までのブログに詳しく書いてます😃

で、なぜ、真我だと、根本的にに解決できるのか?

一言でいえば、それは、相対の世界ではないからです。

相対の世界は、心が、行ったり、来たりしますからね。

この記事の場合

『裏切りを許せなくなる』

と、いう部分になると思います。

これは、奥様、ご本人としては、

許せないという感情が、ご本人自身を、

相当、苦しめると思います。

 

 

ブログをお読みいただいている方は、

お分かりと思いますが、

ゲイという、根本原因がわかると、

裏切りと思っていた出来ごとが、

見え方、捉え方がまったく、変わるのです。

 自分への裏切りと、感じていたものが、

全然、違うものになる。

もちろん、思おうという世界とは、

まったく、違います。

 

 

佐藤康行は言います。相対の世界の、

延長戦上に、絶対があるのではないと。

 

そもそも、絶対の世界なのだ。

まさしく、三日月という月はなくて、

【満月なんだ】です。

 

 

 

 

今日は、ここまで。



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ