『心・第二創造』と『生命の源』との相違


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

今日は、昨日、夫とセックスをした時のことについて書きたいと思います。

 

夫は、行為の後、思わず口をついて出たのか、

 

「全然、そんな気が無かったのに………」と、一言、発していました。

 

要するに、セックスをする気がまったく無かったのに、行為に及んだことに、自分でも、びっくりしていたのでした。

 

さほど、性欲も起こらないため、自分でも、欲求が起こっているかどうかも分からない状態なのですが、

 

いざ、ことに及べば、第一創造、生命の源は欲していたということが、昨日の行為にすべて、現れていたのだと思います。

 

私は、こういう、『心』と『第一創造』の相違について、

 

2年前ぐらいの、佐藤康行の講座中に、

 

『分かった!!』という感覚を味わったことがありました。

 

一応 、お断りをしておきますが、講座の内容は、

もちろん、『ゲイを男に戻す研究』ではありません。

 

でも、私は、講話を聴きながら、目からウロコでした。

 

ああ!!夫は、真我では、性欲が起こっているんだ!!』という感じでした。

 

その時ことをもの凄く、覚えていたのは、隣にいた夫は、しきりにメモを取っていました。

 

でも、私は、この頃、あたりからか、講話中、異様な睡魔に襲われるようになっていました。

 

佐藤康行が、板書しながら、真剣に講話をしている姿を見ても、

 

『ウツラウツラ💤(=_=)』という感覚でした。

 

その時は、ちょうど、講話が終了と同時に、昼食の休憩に入るタイミングでした。

 

私は、終わるや否や、夫へ一言、

「あっ!!分かった!!

 

♪(●^o^●)♪ 分かっちゃった!!」と、話しました。

 

夫は、「えーーー(◎_◎;)寝てたくせに!!」と、言っていましたが、確かにその時のことは、鮮明に覚えていました。

 

 

 

私は、ゲイだという夫と結婚して、夫の『性』について、長い間、対峙してきました。

 

『女性との性』に対して、嫌悪感、違和感を抱き続け、さらには、ゲイの世界へ、ドップリはまった以降は、

今度は、私との性行為をすることが難しい状態でした。

 

ゆえに、なぜ、そういうことが起こるのかということは、

 

当時の私は、誰よりも、そのことについて知りたいと思っていました。

 

もしかすると、本人以上にそう強く思っていたと思います。

 

しかも、教えてくれるのは、世界中で、ただ一人、佐藤康行だけです。

 

何としてでも、知りたいと思い、必死でした。でも、何故だか、異常な睡魔でした。

 

今なら、分かりますが、頭が余計だったなのだと思います。

 

 

その、ウツラウツラの状態で聞いたことが、良かったのだと、私は、思っています。

 

それ以降、『真我では、欲しているんだ』という言葉が私の中で、しっくりくるようになりました。

同時に、あまり、夫の、言動に振り回されることが無くなったのだと思います。

 

 第一創造に焦点をあてて、『性欲が起こっている夫』と対峙する、

 

今、思い返せば、それが、満月理論なのだと思いました。

 

 

 これからも、より、一層、

 

第一創造の夫だけを相手にしようと思いました!!』

 

 

 

今日は、ここまで。

 

 

 

 





いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ