『私はそれだけで満たされた』・・・質疑応答より


 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

 

先日、佐藤康行の講座がありました。

要所、要所、睡眠学習をしていましたが……😅

 

最後の質疑応答でお礼とお詫びと質問をしました。

年始早々に佐藤康行の講座があった際に、夫の両親と、

佐藤康行の所へ挨拶に行きました。

その時のことについて、佐藤康行自身がどう感じたのかということを、

知りたかったのです。

 

私) 先日は、夫の両親がご挨拶させていただきましてありがとうございました。

この、一年以上、本当に苦しかったです。

もっとも恩義がある人、命を救って下さった人を、誤解させてしまい、

(会社に来ていただいている講師の先生さえも誤解させたことについて)学長としては、

夫の両親に会ってみて、どのような印象を持たれたのでしょうか?

 

佐藤康行は、『きっと、その質問をされるだろうと思っていた』と、そう切り出し、

このように、答えて下さいました。

 

佐藤) 今、ざーーっと、思い出すと、こういう感じ。

 

   長い間、私の所へ修行へ来ていて、

  立派になって親元へ帰っていった、

  私から、何をやったとは言えないでしょう。

  ご両親へ、どうでした?そういうイメージ。

 

私)  父は、具体的な話はしませんでしたが、冒頭に、

   『いつも、息子夫婦がお世話になっております』と、言い。

   『今後共、息子夫婦を宜しくお願い致します』と。

    そして、最後には、

   『息子夫婦は先生のこと本当の親のように思っていますから』

    と、そう話していました。

 

 

佐藤) そうね。でも、お父さんが、

    私に向かって、『本当の親のように思っている』

    って普通は親の立場では言わないよね?

    『私はそれだけで満たされた』

    そう、仰って下さいました。

 

 

私は、少し、ほっとしたのでした。

どうだったのだろうか?

あれで良かったのだろうか?

佐藤康行と両親を会わせた後、

そういう思いが拭えなかったのでした。

 

 

講座終了後、帰り際挨拶に行くと、

私へ向けて、このように仰いました。

 

『本当に大した女性だと思っている、

鶴の恩返しのように、ブログも読んでいる』と、

 

夫の両親が佐藤康行の所へお礼に来たという真実だけに、

焦点をあてて、その点だけを認めて、

そう仰って下さったのです。

 

結婚する前から、結婚して来てから、ずっと、吉田家のために、

佐藤康行は真我での解決方法を見せて来ました。

それは、吉田家の先祖が皆、望んでいることでした。

そして、そこまでする、佐藤康行は、どういう意識かといえば、

私たち個人の問題は、

人類の問題だと。

佐藤康行の天啓で開発された、

真我開発講座さえも、

天からの預かり物だと。

そういう発想の佐藤康行の基で、

真我とは何かということを追究してきました。

 

その結果、ありとあらゆることを、得て来ました。

600億の借金清算は最たるものです。

 

ですが、そのことについて、私たちは、一度も、

きちんと、両親へ、伝えて来なかったのです。

一番、苦しい時に、救っていただいたにも関わらず、

人間としては、ある意味あるまじき行為を、

長年してきたのです。

 

結果、いざ、長年、やってきたことを、

夫の両親へ話し始めた途端、誤解されたのです。

 

その誤解を何処から解いても良いか分からず。

勝手に自分たちが苦しんで来たのです。

考えてみれば、当たり前のことです。

 

そういうことを、し続けて来ても、

尚、佐藤康行は私たち夫婦を責めること無く、

今回のことを立派だと。

そう仰って下さったのです。

 

心大借金は、現実の借金よりも、相当重いです。

ですが、必ず、返そうという意思がブレ無ければ、

どうにかなるのだと。そして、忘れてならないのは、

最大の恩義ある人向けてしていた、

あるまじき行為は、紛れもなく、自分では、気づいていない間に、

他の人へもやっているということです。

何故なら、同じ心ですから。

 

その証拠に、始めた事業は、

上手くいきそうで、行かない続きでした。

当たり前ですね、今回のことは、

私の心の癖が如実に表れました。

 

『今回の誤解は夫だけの責任だし、

私にはどうすることも出来ない!!そもそも、自分の親なんだから、

どうにかして!!夫さえどうにかしてくれたら』と、

そう思い続け、言い続けて来ました。

 

 

ある時、佐藤康行に言われたことがありました。

『これが出来たら(両親への誤解が解けたら)全然、変わるよ』と。

 

 

 

 

今回、佐藤康行から、

 

『それだけで満たされた』と、

そう言われた私が、もっとも、

満たされ、救われたのでした。

 

 

 

今日は、ここまで。

 



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ